Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

漫画家を目指す

漫画家になりたい(7)

投稿日:2017年4月6日

アシスタントを募集しているという漫画家さんにお会いして、アシスタントを始めることになりました。

最初からチグハグな感じがありました。

なんといっても、私の心構えがなっていなかったと思います。これはもう、本当に今でも反省しています。社会人慣れしていなかったということかもしれませんが。

それなりにバイトなどもしてきて、少しは社会のことがわかっているつもりでしたが、全然わかっていませんでした。

お仕事をさせて頂いた漫画家さんは、私を一人前のアシスタントとして育てようとしてくれていたと感じました。出版社への紹介なども考えて下さっていたようです。

私にとっては有難すぎるチャンスのはずです。

しかし私は最初から、「アシスタントはプロになるまでの仕事」と考えていました。
自力で漫画家になるのだと。漫画家デビューできたら辞めようと、早くデビューして辞めるのだと。

だからむしろ、
「そんなに期待されても困るなあ。私はすぐに辞めるつもりなのに」
なんて思っていたのです。

どの世界でも横のつながりというのがあると思います。
そうです、デビューしたから、それまでの縁が切れるわけではないのです。

当時の私にはそういったことが、わかっていませんでした。

事実、アシスタント時代、プロの漫画家さん同士が手伝い合っている現場も経験しました。

締切が迫っている漫画家さんのところに、知り合いのプロの漫画家さんがアシスタントとしてお手伝いに来るのです。

そういう現場にいながらもピンと来ていなかったなんて、本当に愚かです。

アシスタントの仕事はいつ来るかスケジュールが組めないので、学生の時にやっていたアルバイトは辞め、アシスタント一本の生活になりました。

最初はそれほど仕事があるわけではなかったので、学生バイトの時より収入は減り、20歳も過ぎて年金などの請求もくるようになっていた私は焦りも感じ始めていました。

「早くプロにならなくちゃ」
しかし、ひたすら漫画家デビューを目指しながら必死になっていた私に、衝撃の一瞬が訪れることになります。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画家になりたい(5)

専門学校に通いながら、ペンを持たない日はないくらい漫画を描き続けました。 当時の原稿 いろいろなバイトをしましたが、最終的に画材の勉強になり画材が割引価格で買える画材屋さんで働きました。 ある日、高校 …

no image

漫画家になりたい(10)

これしかないと思って目指してきた漫画家が間違った夢だったなんて。 気付いた後も、しばらくは何か他の行動に出ることはなかったと記憶しています。 というか、思いがけないことすぎて、自分の中で処理できなかっ …

no image

漫画家になりたい(6)

漫画家になる以外、考えられなかったので、 就職してしまったら時間がとれなくなって描けなくなる…… と思い、就職することに躊躇していました。 専門学校の先生が、漫画家さんのアシスタントの仕事を紹介してく …

no image

漫画家になりたい(14)

失礼なことをしてしまった と、この電話で初めて気付きましたが、 就職の決意は揺るぎませんでした。 先生との電話の後、アシスタントの先輩から電話がありました。 「やめるんだって?」 不機嫌な口調だったと …

no image

漫画家になりたい(3)

それなりにテンションを上げて短大に入学しましたが、通い始めてすぐに、 「もうダメだ!」 と思ってしまいました。 それまでの学生生活はずっと、敷かれたレールの上を上手く歩んでいかなければ、と我慢していた …