Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

正社員時代

夢を失った正社員時代(5)

投稿日:2017年4月19日

会社勤めをしながら、
「書く」という創作手段にたどり着いた私は、
「モノカキになりたい」
と思うようになりました。

物語を文章で表現される方の職業として、
作家、小説家、
という呼び方がありますが、
私は「モノカキ」という響きが好きです。

夢を取り戻した私の周りの世界は色を取り戻し、
会社員として働き続けることに疑問を感じ始めます。

アレルギーは治らないし、
人間関係にも報酬にも不満はなかったけれど、
もっと手応えがある生き方をしたい。
会社員で働き続けるよりも、
アルバイトをしながら、モノカキを目指そう、
と考えるようになります。

仕事の内容自体に、やりがいを感じていなかったということも
大きいと思います。

それでも社長からは、
「本当に楽しそうに仕事をしているね」
と言われたこともあるので、わからないものですね。

辞めたいという気持ちを社長に告げました。
それまでお世話になってきて、
会社自体に不満があったわけではないので、
仕事の区切りがつくところまでやりますと告げ、
会社の都合で辞める時期を決めました。

会社を辞めるまでの数か月も、書き続けました。

そして、モノカキになりたいという夢を胸に、
新たな道を歩み始めることになります。

書籍化も夢じゃない!アルファポリスにブログを登録!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-正社員時代
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

夢を失った正社員時代(1)

就職したのは小さな出版社でした。 デザイン事務所向けの冊子を発行している会社で、 企画制作に携わりました。 皆さんいい方で人間関係に何の問題もなく、 残業もほとんどなく、 給料も仕事の割には良く、 と …

no image

夢を失った正社員時代(4)

その後は、勤めながら執筆活動をしました。 私が「漫画を描く」という表現手段(創作手段)を選んでいたのは、 私が表現したいことを一番よく表現できるのは漫画だろうと思っていたからです。 例えば、言葉になら …

no image

夢を失った正社員時代(3)

就職してから、創作活動はしていませんでした。 恵まれた環境にいながら甘えてるなあとは思っていましたが、 夢も希望もないような味気ない日々でした。 それでも「こんなことじゃいけない!」と足掻いていました …

no image

夢を失った正社員時代(2)

自分が恵まれているのもわかっていました。 自分が決めた道だという自覚もありました。 子供の頃からアトピー体質なのですが、 大人になってからもアトピーがたまに出てしまいます。 後からわかったことですが、 …