Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

自費出版する

本作り計画(12)

投稿日:2017年5月10日

続きです。

**********

(2005年6月15日)

前回送られてきた表紙の初校は、色の濃淡がついていないベタのものだったのですが、
今回はきちんと濃淡がつけられたものが送られてきました。

それと本文の再々校。

本文の方はもう修正部分はなかったのですが、送られてきた表紙を見て、
「えっ、こ、これ?」
と思いました。

表紙はフルカラーにすると高くなるので、一色で濃淡をつけるようになっていたのですが、その一色はブルー系にすることにしていました。
さわやかなイメージでいいかなって思ったからです。

ところが、ブルー系といっても基本色を「紺」にしたので、全体的に重い……
重いということ以外にも、考えていたのとはなんか違う……
透明感もない……
それにタイトルの書体も気に入らない……
文字の微妙なバランスもよくない……
濃淡の付け方もちょっと違う……
指示したところも修正されきれていない……

タイトルの書体は他にどういうのがあるのか?
書体見本を見せてほしいのが本音ですが、ファイル(メール)では送れないって言われているし。

書体が不自然であることを指摘、書体の変更を指示することにし、
問題は表紙の基本色。

透明感を出したい。
ではもう少し明るいブルーにしたらどうだろう?
……いや、明るいブルーにすると、文字が見づらくなってしまう。。。
見本は送れないと言われているので、必死に頭の中で色を変えたイメージを考えるしかありません。

※あー! 私がグラフィックソフトを持っていたら、自分でいろいろシミュレーションできるのに!
と、もどかしい気持ちでいっぱい。

しかし持っていないものは仕方がないので、とにかく必死に頭の中でイメージするしかありません。

ここで指示した結果、イメージと違う表紙が作られて送られてくると、また修正しなくてはならなくなり、時間ばかりがかかってしまいます。

頭の中でイメージした結果、ブルー系はやめることにしました。
どのブルー系を基本色にしたとしても、しっくりこなかったからです。

思い切って、赤系、オレンジ系……
いろいろ考えましたが、やはりしっくりきません。
イエロー系だと文字が読みにくいしなあ……

そして。
考えに考えてイメージした結果、グリーン系にすることに。

グリーンの中にも、いろいろな緑があると思いますが、
真緑ではなくて、「エメラルドグリーン」にすることに決めました。
「エメラルドグリーン」といっても、人それぞれイメージが違うと思うので、間違いがないように色見本を添付しました。

タイトルの書体を変えて欲しい、使う色を変えて欲しい、等々、いくつかの指示を同封し郵送。

ふう~
いい感じの表紙ができますように……、と祈るばかりの私でありました。
(-人-)

※現在の私は「illustrator」というソフトを購入し、独学で、ある程度使えるようになりました。

**********

つづく。

ライトプラン 詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-自費出版する
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本作り計画(7)

続きです。 ********** (2005年5月7日) さて、次の問題。 普段はあまり気にしていないと思いますが、書店で売られている本にはバーコードが2つついています。 日本図書コードと書籍コード。 …

no image

本作り計画(15)

続きです。 完成!編です。 *********** (2005年7月6日) ご報告が遅れましたが、先週末、手元に本が届きましたーーーっ! 納期が本の出来上がりギリギリだったので、印刷所から直接、紙に包 …

no image

本作り計画(6)

続きです。 加筆訂正しています。 ********** (2005年4月29日) 文章の中で明らかに商品名を出してしまっていることに改めて気づき、ハッとしました。 「こういうのって、いくら自費出版とは …

no image

本作り計画(9)

続きです。 *********** (2005年5月18日) ここでちょっと余談。 必死に原稿の見直しをしていた私でしたが、ふと虚しくなりました。 全部自分でやるっていうのは、楽しい反面大変だったりも …

no image

本作り計画(11)

続きです。 ********** (2005年6月2日) 初校に修正を入れて返したのが、ちょうど出版社側が忙しい時期だったので1週間が過ぎても再校があがって きませんでした。 出版社の忙しい時というの …