Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

失業時代

そして失業する(4)占い師になる

投稿日:2017年5月22日

前回の記事で、
「人から何に向いているかと言われるか」
を考えることが大事だと書きました。

それが今回の記事につながるのですが、
当時、自分でなにかやりたいと、いろいろ提案してはダメで、
そのうえ、仕事とは関係ないことですが、
楽しみにしていたことがダメになり、
精神的にかなりネガティブになっていました。

ネガティブな気持ちを一人で抱えきれずに、
周りの親しい友人知人に漏らしていました。
「これで大切な友達を失ってしまった」
と思ったこともありました。

でも見捨てずに励まし続けてくれた友人、知人がいました。
いつもダメになりそうな時に、誰かが救いの手を差し伸べてくれます。

もちろん頑張るのは自分自身で、誰かにどうにかしてもらおうとは思っていないのですが、
励ましてくれる心が、とてつもなくありがたいと感じることが多々あります。

見捨てないでいてくれた方たちへの恩は忘れることができません。
ここで挫けてしまうのは、励ましてくれる方たちに失礼になる、裏切りになる、
と思う気持ちにもなりました。
絶対、乗り越えて、恩返しできるような人間になるのだと思いました。

さて、
なにをやろうとしてもうまくいかなかったのですが、
興味があったので、タロット占いを習いに行きました。

モノカキデビューできそうだったときに観ていただいたことが印象に残っていて、
以来、占いだったらタロットカード占いが好きになっていたのです。

自分でもできたらいいなと思って、習いにいってみました。
数回、通って、
「これはもう、習うものというより、感性の問題だな~」
と思いました。

カードの意味を覚えるのは自力でできることですし、
出たカードをどう解釈するかは、占い師さんそれぞれの感性の問題で、習うことではないと思ったのです。

知人に、
「占いにも興味があって、占いの勉強もしたんです」
というようなことを言ったら、即、
「占いやればいいじゃないですか! うちの店が昼間、空いているから、そこで明日からでもやればいいですよ!」
と返ってきました。

思いもよらなかったのですが、誰に聞いても、私は占い師っぽいんだそうです。
要するに、
「人から何に向いているかと言われるか」
というところで、私の場合は「占い師に向いている」ということだったのです。

そんなわけで、思いがけず、私は占い師デビューすることになりました。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-失業時代
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

そして失業する(1)

そして私は失業しました。 なにか自分でできることを模索する日々が始まりました。 会社を辞めた直後は、勤めていた会社に呼ばれてたまっている事務作業をすることもありました。 始めたばかりのインタビューも、 …

no image

そして失業する(3)どんな仕事を選べばいいか

失業して、自分の活動を模索しながら、私が感じたことを書こうと思います。 少しでも、「どんな仕事を選べばいいのか」とお悩みの方の参考になればいいなと思います。 1.「好きなこと」はなんですか? まず、自 …

no image

そして失業する(2) 「がんばろうソング」

2011年3月11日、 私は都内でインタビューをしていました。 今はもう消去してしまいましたが、 「あれ、揺れてる?」 「地震かな?」 「おさまった?」 「まだ揺れてます」 「わっ、大きい」 「ストー …