Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

”信頼できる大人”になりたい

投稿日:2017年8月31日

新学期が始まる9月1日には、自殺してしまう子供の数が多いのだという。

日本には三大義務というのがある。「教育」「勤労」「納税」。

これは、最低限の読み書き・計算ができるような「教育」を受けたら、
社会に出て「勤労」しましょうね、
そして働いて得た収入の一部を「納税」しましょうね、
納められた税金は国民のために使いますよ、
という、本来は素晴らしいシステムのはずなのだ。

しかし「教育」ひとつだけをとっても、なにかがおかしくなってしまっている。
世界を見渡せば、教育を受けたくても学校に通えない子供たちもたくさんいる。
学びたくても学べない子供たちもたくさんいる。
だから、学ぶために学校に通えることは幸せであるはずのことなのだ。

スタート時は想定していなかった問題が起きてしまうのは、仕方がないこと。
大切なのは、起きてしまっている問題に対処することだ。

私が思春期の頃、周りには信頼できる大人はいなかったし、大人に期待すらしていなかった。
相談できるのは、仲が良い友達だった。

部屋を整理していた時に、中学時代の卒業文集が出てきた。
その中にとても印象的な作文があった。
前向きと後ろ向きと不安が入り混じった、まさに思春期ならではの心情が表れている作文だった。

顔すら覚えていない、同じクラスになったことがあったかも覚えていない男子の作文なので、全文を引用することはできないけれど、ごめんなさい、一部だけ引用。

「ぼくは、受験も大切だと思うけど、一番大切だと思うけどやっぱりボクは、”友達”だと思っています。
友達がいなければ真の相談相手がいないと同じことだからすごくつらいと思います。なぜかと言うと友達にしか話せないことなんかたくさんあるからボクは、友達を大切にしよう思っています。」(原文ママ)

真の相談相手は友達しかいない、
でもその友達関係がうまく行っていない場合、学生生活はどれだけつらいものだろうか。

今、孤独の中で悩んでいる子供たちに手を差し伸べている大人たちがいる。
『学校に行きたくないなら、ココにおいで』
と呼びかけている図書館や動物園がある。
ステキなことだ。

苦しみを見て見ぬふりをするのではなく、
信頼できない大人たちと接してきながら、
苦しい思春期を乗り越えてきて、
決して立派ではないけれど、一応大人になれたのだから、
せめて、”信頼できる”大人になれたらいいなと思う。
少しでも苦しむ子供たちのチカラになれたらいいなと願う。



スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「経験」は最高の教科書である

最近はクラウドソーシングをしながら四苦八苦していますが、 なんだかんだ言っても、絶対的な「正解」はないし、それぞれの状況、それぞれの立場でやるべきことは違うのだと思います。 そして、自分にとって何が正 …

年賀状を断捨離?年賀状が迷惑だと思う心はどうなのか?

今年も年賀状を販売している光景が、駅の構内などで見られるようになりました。 一昔前だと、会社の同僚、上司、取引先、友達など宛てに、年賀状を100枚単位で送っていた人がいたような記憶があります。 会社同 …

「正規雇用」という働き方が最善なのか?

不景気だなあ、仕事がないなあ、と感じる一方で、企業は「人手不足」だという。 非正規雇用が増えてきたなあと感じる一方で、「正規雇用が増加」しているという。 私と、私を取り巻く環境が不景気なだけなのでしょ …

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …

「妬み(ねたみ)」という感情

私は基本的に「人は人、自分は自分」と考えるので、人と自分を比べる考え方はしません。 でも例えば、自分が目指していて手に入らなくて、もがいているものを、誰かが、いとも簡単にゲットしている姿をみたら、落ち …



スポンサーリンク