Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

投稿日:2017年11月11日

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。

ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。

そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからないので、思い出しながら書きます。



スポンサーリンク

初心者向きの簡単なハイキングコースだった

当時、私はハイキングにはまっていました。

東京から近く、日帰りで行けるハイキングコースを探して、毎週のように友達や知人と出かけていました。

温泉施設が近くにあるというがポイントで、ハイキングで汗を流した後、温泉に入るという至福の時間を過ごすのが楽しみでした。

上級者向きのコースにも挑戦してみたい気持ちもありましたが、自然の力を侮ってはいけないと、初中級コースを選んで出かけていました。

その日のコースも、初心者でもOKのコースでした。

分かれ道で道しるべが示している方向で迷う

歩いていたら、どちらにも進めるような分かれ道に出ました。

道しるべがあったように記憶していますが、どちらを指しているのかわかりづらく、

「たぶん、こっち?」

と思えるほうに歩いて(というか、上り道だったので、上って)いきました。

連れはドンドン先に行ってしまったのですが、私はなんとなく「こっちの道ではなかったのでは?」と感じ始めました。

「一旦、戻ったほうが良くない?」

と提案しましたが、

「ここまで上がってくるの大変だったし、このまま進もう」

と言われ、そのまま進むことに。

けもの道に迷い込む

しかし私の予感は的中。

進んでいくうちに、その道は明らかにハイキングコースではないことがわかってきました。

人が歩くような道ではない、けもの道のようになってきたからです。

「これ、絶対、おかしいよ。戻ろうよ」

と声をかけるものの、

「ここまで来ちゃったら、戻るのも大変だ」

と言われ、確かに元の場所に戻るのも大変だったため、そのまま進み続けることに。

目の前をけもの?が走り抜ける

住所的には東京都内のハイキングコースなのに、携帯の電波も通じない。

「このまま日が暮れてしまったらどうしよう……」

不安にかられてきました。

すぐ近くに人里があるはずなのに、視界にあるのは乱立する木々のみ。

ふいに目の前を小さな猪くらいの動物が走り抜けていきました。

「今のっ、今のなに!? 太った猫!?」

パニクる私に連れは、

「猫じゃなかったみたい」

と返してきました。

太った猫じゃなければなんだったの!? 子豚!?

もはやハイキングどころではありません。

ガイドに記載されていた、そのハイキングコースの所要時間なんて、とうに過ぎていました。それなのにゴールが見えない。自分たちがどこにいるのかもわからない。

とにかくなんでもいいから、日が暮れる前に人里に出なければと思い、歩き続けました。

人里が見えてきた!

歩いていたら、少しずつ山を下りてきていたようで、畑が見えてきました。

やった! 人里だ!

畑のほうに行こうとすると、そこには柵が張られていました。

柵を越えようとすると、

「痛ッ」

触れると感電するようになっている柵。つまり山から下りて来る動物対策のために貼られた柵でした。

「私らは、けもの扱いかっ」

柵をたどっていって、抜けられるドアを見つけ、そこから無事に人里へ。

助かったー。けど、コースを大幅にズレて、ハイキングを楽しめたとは言えないー。

無事だったことだけで感謝の一日になってしまいました。

まるで「人生の縮図」のようだった

このハイキング経験は、まるで人生の縮図のようだと感じました。

道を間違えたかもと気づいたときに、元の場所に戻って正しい道を進めば何事もなかったのに、

「ここまで来たからには戻れるか」

と間違った道を進み続けてしまう。

「どうにかなるはず」

と期待もしながら、進み続ける。

明らかに「この道は間違っていた」と気づいたときには、元の場所に戻ることすら困難になっている。

仕方ないので、選んだ道を進み続ける。

どうにもならないおかしなところに入り込んでしまい、

「とにかく助かりたい。それだけで他は何もいらない」

と願う気持ちだけになる。

迷い込んだままになってしまう人もいるかもしれない。

でも、どうにか助かる場所にたどり着けたら、そのときには、

「助かっただけで充分」

と最初の目的なんてどうでもよくなっている。

「迷ったら、原点に戻れ」

人生の縮図のようなハイキング体験をした私は、教訓を得ました。

「迷ったら、原点に戻れ」

「もしかして違うかも?」と思ったら、一旦、原点に戻ること。

目指しているものがなんなのか、再確認すること。

そして進む道について考えること。

間違った道なのに「どうにかなるさ」と進み続けないこと。

ハイキング体験については、目指しているのは単に「ハイキングを楽しむこと」でしたが、人生に置き換えると、目指しているもの自体を明確にすることが難しい場合もあるかもしれません。

でも、まず、それ(自分が大切に思うもの)を明確にすることはとても重要。

見切り発車をしたうえ、道に迷ってしまうなどということにならないように。自分がなにを目指しているのか、わからないということにならないように。



スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

同じことを伝えるのでも「ほっこり」を心がける

他ブログに「同じことを伝えるのでも「ほっこり」を心がける」という記事を書きましたので、 興味あるかたはご覧くださいませ! 人間関係を良くする、 良いコミュニケーションを心がける は、どんなお仕事をする …

「正規雇用」という働き方が最善なのか?

不景気だなあ、仕事がないなあ、と感じる一方で、企業は「人手不足」だという。 非正規雇用が増えてきたなあと感じる一方で、「正規雇用が増加」しているという。 私と、私を取り巻く環境が不景気なだけなのでしょ …

「経験」は最高の教科書である

最近はクラウドソーシングをしながら四苦八苦していますが、 なんだかんだ言っても、絶対的な「正解」はないし、それぞれの状況、それぞれの立場でやるべきことは違うのだと思います。 そして、自分にとって何が正 …

自分を苦しめている自分

私は占い師もやっているので、いろいろな方のお話を伺うこともあります。 占い師は守秘義務があるので、細かくは書けません。 でもその人がその人であるがゆえに悩んでいることが多々あります。 個性(性格、物事 …

”信頼できる大人”になりたい

新学期が始まる9月1日には、自殺してしまう子供の数が多いのだという。 日本には三大義務というのがある。「教育」「勤労」「納税」。 これは、最低限の読み書き・計算ができるような「教育」を受けたら、 社会 …