ライフワークで暮らす

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

そのことは大切なものを失ってまで得たいことですか?

投稿日:

最近、怖いことに気づいてしまったんです。

考えすぎかもしれないのですが、「そんな覚悟あるかって言われたら、今のままでいいよ~」と思えてしまうようなこと。

ちなみに、この件に結びつくような短編小説を「note」で公開しています。もちろん無料公開。

よろしければ、読んでみてくださいませ。動画のBGM演奏は私ではないですが、イラストと動画制作は私です。「尊きもの」なにかを得れば、なにかを失う



スポンサーリンク

願い事はありますか?

まず、ひとつ自問自答してみてください。

願い事はありますか?

「ある!」

という人が多いのではないかなと推測します。

願い事の内容は人それぞれですよね。

「片思いの××くん(または○○ちゃん)と両想いになりますように」

「仕事がうまくいきますように」

もっと深刻な悩みを願い事にしている人もいると思います。

その願い事は、何かを犠牲にしても叶えたいですか?

次に自問自答してみてください。

その願い事は、何か自分にとって欠かせないもの、大切なものを犠牲にしてまで叶えたいですか?

例えばですが、毎日の晩酌が唯一の楽しみだけど、

「今後、一切、お酒は飲まない!」

ツヤツヤのロングヘア―が自慢だったけれど、

「バッサリカットして、今後一切、ロングにはしない」

など。

……きついですよね。

「今後一切」ですから。

一時だけの我慢とかではないですから。

でも、それでも、このくらいの犠牲は、まだ軽いものだと思うんです。

昔?の人たちの神頼み

今でも、どこかでは行われているかもしれません。

困ったときに、神頼みの儀式を行う。わかりやすい神頼みは「雨乞い」かな。

 

で、ですね。

怖いことに気づいてしまったというのは、そういった儀式には、”生贄”を神様に捧げるというのがあります。

動物なこともあれば、人間だったことも。。。。

その願いを叶えてもらうために、命すら投げ出した人たちがいたということです。

大切な家族が犠牲になるなんて、どれほどの苦しみでしょうか。

気軽に神頼みをするけれど

全員が、とは言い切りませんが、比較的、気軽に神頼みをする人が多いように思います。

別に批判はしません。

でも、神様にお願いごとをするのは、実は重いものであること、それが自分勝手な願い事であるのなら、尚更、神頼みをすることの重さを知っておいたほうがいいように思います。

そして、その願い事が、大切なものを捧げてまで叶えたい想いであるのかということも考えてみることも大切。

これは、生贄を捧げることを勧めている記事ではありませんよ。

その願い事は、本当に叶えたいものなのか、の再確認と、願い事が叶わなくても、今ある幸せに気づくことが大切なんじゃないかなと思ったというお話です。

なにかを得れば、なにかを失うことになるのですから。

 

得れば、失う。「尊きもの」

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脅してから優しくすると「いい人」だと思う心理はある?

相手を脅してから優しくすると、その人を「いい人だと思ってしまう」心理があるそうです。 実際に、その心理を使っている例もあります。 でも、「本当にそれで相手をいい人だと思う? 思わないんじゃない?」と感 …

私の中にある「絶望」自分の内の光を感じろ、そして輝かせろ!

ここ数年、複数の人から、 「どうしたの? 落ち込んだ顔して」 「怖い顔していないで、笑顔笑顔」 というようなことを言われることがありました。 写真だと、瞬間的に笑顔を作るのですが、動画になると我ながら …

だから一生懸命!物事は思った通りにはいかないと思った話

「人生は思い描いたとおりになる」 「失敗するのは、イメージするチカラが足りないからだ」 と世間では言われることがあります。 確かに一理あるのかもしれませんが、そんな思った通り、予想した通りになるもので …

「正規雇用」という働き方が最善なのか?

不景気だなあ、仕事がないなあ、と感じる一方で、企業は「人手不足」だという。 非正規雇用が増えてきたなあと感じる一方で、「正規雇用が増加」しているという。 私と、私を取り巻く環境が不景気なだけなのでしょ …

ベランダのセミの死に、人の孤独死を想う

帰宅してベランダに干してあったものを取りこんでいたところ、またまたお亡くなりになっている蝉(セミ)がいました。 「え? また?」 確か3度目になるので、過剰に驚きはしなかったのですが、 「ここのこと、 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク