Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

セイキロスの墓碑銘

現存する世界最古の曲(歌)「セイキロスの墓碑銘」

投稿日:2017年8月4日

唐突ですが、
最古の歌(曲)ってなんだろうって思って調べてみました。

日本だと、子守唄が古いとされているそうです。

地方によって歌詞は違うようですが、
東京だと「ねんねんころりよ」で始まる子守唄です。

実は結構怖い歌詞だという説もあります^^;

古代の音楽は、今のように楽しむというより、儀式に使われるのが主だったという説もあります。

儀式というのは、例えば雨乞いだとか、神様にお願いするものなどがあげられます。

そして、なんと、世界最古と言われている曲(歌)があります!!

正確に言うと”現存している”世界最古の曲(歌)です。

ウィキペディアより

セイキロスの墓碑銘(セイキロスのぼひめい、セイキロスのスコリオンとも)は、完全な形で残っている世界最古の楽曲の一つ。墓石に歌詞が刻まれており、歌詞の行間には古代ギリシアの音符による旋律の指示がある。墓石はエフェソスの近隣にあるトルコの都市アイドゥン(Aydın)近郊で発掘された。年代は紀元前2世紀頃から紀元後1世紀頃と推測される。

「わたしは墓石です。セイキロスがここに建てました。決して死ぬことのない、とこしえの思い出の印にと。」

古代ギリシアの音楽としては、これより古いものも存在する。だが短いながらも完全な形で残っている楽曲はこれが最古である。

エウステルペーの息子、セイキロスという人が親族のためにこの墓碑をたてたそうです。

使われている楽器は、リラ(リュラ)。

キタラの単純化された楽器。普通4弦か7弦。

そして、残されている歌詞が素晴らしいのです!

現代人でもグッとくるというか、
古代人から現代人へのメッセージというか、

いえ、そもそも人間というのは、時代が変わっても根本は変わらないのかな、

などということを、あらためて思ってしまう歌詞です。

 

現代はネット社会になっているけれど、
ネットがあってもなくても、人間の根本はきっと変わっていないのです。

古代人から現代人へのメッセージです。

↓以下、訳詩。

生きている間は輝いていてください

思い悩んだりは決してしないでください

人生はほんの束の間ですから

そして時間は奪っていくものですから


 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-セイキロスの墓碑銘
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール