自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

未成年の頃

子供の頃の将来の夢(1)

投稿日:2017年3月23日

幼稚園に通っていた頃、
「将来の夢」を聞かれたそうです。

”聞かれたそうです”
というのは、聞かれた記憶はないのですが、
先生たちが園児一人一人に聞き、返ってきた将来の夢を冊子にして親(保護者)に配ったのです。

私の夢の欄には「だんまり」とあったそうです。
つまり、何も答えなかったということらしいです。

「なんで何も答えなかったの!」
と叱られたのを覚えています。

聞かれた記憶も定かではなかったので、きょとんとするばかりだったと思うのですが、
考えてみると、当時、将来の夢はなかったと思います。

夢がなかったというより、
「自分が大人になる」
というイメージが描けなかったのだと思います。

そんな子供は私だけでしょうか。
とにもかくにも、そんな子供だった私は成長するにつれ、将来の夢を持つようになっていきます。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-未成年の頃
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

子供の頃の将来の夢(3)

話をちょっと戻して、中学生の頃にもう少し触れておきます。 中学生の頃は、ぼんやりな自分を鍛えるため!と奮い立ち、 通った中学で一番厳しいと言われていたバスケット部に入りました。 意気込んで入ったものの …

no image

子供の頃の将来の夢(4)

さて、高校入学後の話になります。 この記事のタイトル、「子供の頃の将来の夢」……、 高校生はもはや”子供”とは言えない気がしますが、 この記事までこのタイトルのままでいきます。 進学したのは、まだ歴史 …

no image

子供の頃の将来の夢(2)

幼稚園に通う頃、友達も習っていた影響で、ピアノを習い始めました。 私は将来の夢を聞かれると、 「ピアノの先生!」 と答えるようになりました。 本当になりたかったとは言い難いです。 そう答えていれば、親 …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

そんな夜の、とっておき

そんな夜の、とっておき

樫村茉莉
250円(03/02 20:27時点)
発売日: 2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク