自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

漫画家を目指す

漫画家になりたい(14)

投稿日:2017年4月13日

失礼なことをしてしまった
と、この電話で初めて気付きましたが、
就職の決意は揺るぎませんでした。

先生との電話の後、アシスタントの先輩から電話がありました。

「やめるんだって?」
不機嫌な口調だったと思います。

自分の気持ちを説明したのだと思いますが、
具体的な内容は覚えていません。

その後も、他の関係者から連絡があったかもしれませんが、詳しくは覚えていません。

「最初からプロになる前の少しだけの仕事のつもりだった」
と仕事に就く前に言うことはできなかったのですが、
もっと迷惑をかけない方法があったのかもしれません。

このときのことを、
「好意に対して、私は本当に、大変失礼なことをしてしまったんだ」
と強く思うようになったのは、 大分経ってからです。

そのときは自分自身も混乱する中で、
「とにかく就職しなければ」
と、漫画家になるという夢を失った私は、そこで動けなくなるのではなく、どうにか前に進んでいかなければという気持ちで頭がいっぱいだったように思います。

それは悩んだ末に決心したことだったからです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

漫画家になりたい(11)

始めたばかりということもあってか、アシスタントの仕事はコンスタントにはなく、 仕事がなく、ぼんやり考える時間ばかりが増えました。 同級生たちは卒業後、社会に出て、がんばっていました。 これでいいのだろ …

漫画家になりたい(5)

専門学校に通いながら、ペンを持たない日はないくらい漫画を描き続けました。 当時の原稿 いろいろなバイトをしましたが、最終的に画材の勉強になり画材が割引価格で買える画材屋さんで働きました。 ある日、高校 …

no image

漫画家になりたい(2)

漫画家を目指していた私でしたが、高校卒業後の進路を決める時期がやってきました。 進学校に通っていたわけではありませんでしたが、就職するというのはあまり考えられませんでした。 就職してしまったら、今のよ …

no image

漫画家になりたい(3)

それなりにテンションを上げて短大に入学しましたが、通い始めてすぐに、 「もうダメだ!」 と思ってしまいました。 それまでの学生生活はずっと、敷かれたレールの上を上手く歩んでいかなければ、と我慢していた …

no image

漫画家になりたい(8)

いわゆる漫画家の世界では有名な締め切り前の修羅場も経験しました。 ご飯づくり担当のアシスタントならぬメシスタントもやりました。 修羅場時には他の漫画家さんもお手伝いに来ました。 アシスタントの先輩も、 …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

そんな夜の、とっておき

そんな夜の、とっておき

樫村茉莉
250円(03/02 20:27時点)
発売日: 2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク