自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

漫画家を目指す

漫画家になりたい(3)

投稿日:2017年4月1日

それなりにテンションを上げて短大に入学しましたが、通い始めてすぐに、
「もうダメだ!」
と思ってしまいました。

それまでの学生生活はずっと、敷かれたレールの上を上手く歩んでいかなければ、と我慢していたように思います。

短大に入れば、それまでとは違う環境で、もっと自由になれると思っていました。

贅沢な言い分だとはわかっているのですが、
短大は高校の延長のような感じで、
「もう無理……。ここからドロップアウトしなくちゃ」
と思ってしまったのです。

入ったばかりの短大に通わない、
人生最大のわがままだ、と思いました。

それでも、「もう無理」でした。

自由になりたい。
学生という枠を外して、自由になりたい。

――ここから逃げます。許してください。

逃げた私が後になって悟ったこと。

人生の中で、逃げることがあってもいい。
逃げなければやっていけないのなら、応急処置として逃げることを選択してもいい。

でも必ず、逃げたことのしっぺ返しは後にやってきます。
それは、たぶん逃げた当時よりも、より大きなものとなって。

だけど、しっぺ返しを受ける頃にはそれを受けるだけの力が自分の中にできているはずです。
逃げた後もがんばって生きていたならば。

なので、そのしっぺ返しが来た時には、今度こそ逃げずに受けなければなりません。
つらくても、苦しくても。

人生最大のわがまま、
私は短大を中退します。

学生という枠を外し、自分が何をしだすのが、自分でもわかりませんでした。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画家になりたい(1)

漫画部で漫画を描き続け、 漫画を通して表現したいことが次々と出てきて、 楽しくて、 また漫画を描く無になれる時間に救われて、 私は自然に、 「漫画家になりたい」 と思うようになりました。 でも、それま …

no image

漫画家になりたい(8)

いわゆる漫画家の世界では有名な締め切り前の修羅場も経験しました。 ご飯づくり担当のアシスタントならぬメシスタントもやりました。 修羅場時には他の漫画家さんもお手伝いに来ました。 アシスタントの先輩も、 …

no image

漫画家になりたい(13)

前回、私は、 「ここでミスをしたのかもしれません。 いえ、ミスじゃなかったのかもしれません。 今、考えてもよくわからないのです。正直に全部話すことが必ずしも正解とは限らないですし。」 と書きました。 …

no image

漫画家になりたい(7)

アシスタントを募集しているという漫画家さんにお会いして、アシスタントを始めることになりました。 最初からチグハグな感じがありました。 なんといっても、私の心構えがなっていなかったと思います。これはもう …

no image

漫画家になりたい(11)

始めたばかりということもあってか、アシスタントの仕事はコンスタントにはなく、 仕事がなく、ぼんやり考える時間ばかりが増えました。 同級生たちは卒業後、社会に出て、がんばっていました。 これでいいのだろ …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク