Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

漫画家を目指す

漫画家になりたい(7)

投稿日:2017年4月6日

アシスタントを募集しているという漫画家さんにお会いして、アシスタントを始めることになりました。

最初からチグハグな感じがありました。

なんといっても、私の心構えがなっていなかったと思います。これはもう、本当に今でも反省しています。社会人慣れしていなかったということかもしれませんが。

それなりにバイトなどもしてきて、少しは社会のことがわかっているつもりでしたが、全然わかっていませんでした。

お仕事をさせて頂いた漫画家さんは、私を一人前のアシスタントとして育てようとしてくれていたと感じました。出版社への紹介なども考えて下さっていたようです。

私にとっては有難すぎるチャンスのはずです。

しかし私は最初から、「アシスタントはプロになるまでの仕事」と考えていました。
自力で漫画家になるのだと。漫画家デビューできたら辞めようと、早くデビューして辞めるのだと。

だからむしろ、
「そんなに期待されても困るなあ。私はすぐに辞めるつもりなのに」
なんて思っていたのです。

どの世界でも横のつながりというのがあると思います。
そうです、デビューしたから、それまでの縁が切れるわけではないのです。

当時の私にはそういったことが、わかっていませんでした。

事実、アシスタント時代、プロの漫画家さん同士が手伝い合っている現場も経験しました。

締切が迫っている漫画家さんのところに、知り合いのプロの漫画家さんがアシスタントとしてお手伝いに来るのです。

そういう現場にいながらもピンと来ていなかったなんて、本当に愚かです。

アシスタントの仕事はいつ来るかスケジュールが組めないので、学生の時にやっていたアルバイトは辞め、アシスタント一本の生活になりました。

最初はそれほど仕事があるわけではなかったので、学生バイトの時より収入は減り、20歳も過ぎて年金などの請求もくるようになっていた私は焦りも感じ始めていました。

「早くプロにならなくちゃ」
しかし、ひたすら漫画家デビューを目指しながら必死になっていた私に、衝撃の一瞬が訪れることになります。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

漫画家になりたい(2)

漫画家を目指していた私でしたが、高校卒業後の進路を決める時期がやってきました。 進学校に通っていたわけではありませんでしたが、就職するというのはあまり考えられませんでした。 就職してしまったら、今のよ …

no image

漫画家になりたい(9)

私はこの世界で勝負できる人間ではない。 その衝撃的な気付きは真実でした。 真実だったので、打ち消そうとしても消すことはできませんでした。 周りは、プロの世界に入ってみたら厳しくて挫けた、 と思ったかも …

no image

漫画家になりたい(13)

前回、私は、 「ここでミスをしたのかもしれません。 いえ、ミスじゃなかったのかもしれません。 今、考えてもよくわからないのです。正直に全部話すことが必ずしも正解とは限らないですし。」 と書きました。 …

no image

漫画家になりたい(6)

漫画家になる以外、考えられなかったので、 就職してしまったら時間がとれなくなって描けなくなる…… と思い、就職することに躊躇していました。 専門学校の先生が、漫画家さんのアシスタントの仕事を紹介してく …

no image

漫画家になりたい(14)

失礼なことをしてしまった と、この電話で初めて気付きましたが、 就職の決意は揺るぎませんでした。 先生との電話の後、アシスタントの先輩から電話がありました。 「やめるんだって?」 不機嫌な口調だったと …



スポンサーリンク