Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

漫画家を目指す

漫画家になりたい(8)

投稿日:2017年4月7日

いわゆる漫画家の世界では有名な締め切り前の修羅場も経験しました。

ご飯づくり担当のアシスタントならぬメシスタントもやりました。

修羅場時には他の漫画家さんもお手伝いに来ました。

アシスタントの先輩も、漫画家さんたちも、皆さん良い方たちばかりでした。

それは、他の漫画家さんが細か~い効果線を描きこむお手伝いをしながら、
「あ~、楽しい!」
と言った時だったのかもしれません。

「こういうの大好きなんだよね」
というような発言を聞いて、
え? 楽しい? この面倒な作業が楽しい??
思うと同時くらいにハッとしたのです。

――私は、この世界で勝負できる人間ではない。

それはすんなりと入ってきた気付きでした。

気付いて”しまった”という方が近いかもしれません。

一度、気付いてしまった真実はもう打ち消すことが出来ませんでした。

私が何故、漫画を描いていたかというと、
物語を創りたかったからです。

言葉にはできない想いなどを表現するのに、
また、私が表現したい世界を表現するのには漫画が最適だと思っていました。

そう、私は絵を描きたいからというより、物語を創るために絵を描いていました。

漫画家というのは、物語の作り手というより、漫”画家”と言うとおり、どちらかというと絵を描く人です。

物語が考えられないなら、原作がある作品を描けばいいというほど、絵を描くことに重心があるのです。

プロの漫画家さんと一緒に仕事をして、私は気付いてしまいました。

絵を描くのは嫌いじゃない、むしろ好きだ、でも——

絵に対する想い、情熱、姿勢が、私とは全然違う、
私はこの世界で勝負できる人じゃない、と。

漫画家になることだけを目指していた私に、それはあまりにもショックな気付きでした。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

漫画家になりたい(10)

これしかないと思って目指してきた漫画家が間違った夢だったなんて。 気付いた後も、しばらくは何か他の行動に出ることはなかったと記憶しています。 というか、思いがけないことすぎて、自分の中で処理できなかっ …

no image

漫画家になりたい(14)

失礼なことをしてしまった と、この電話で初めて気付きましたが、 就職の決意は揺るぎませんでした。 先生との電話の後、アシスタントの先輩から電話がありました。 「やめるんだって?」 不機嫌な口調だったと …

漫画家になりたい(1)

漫画部で漫画を描き続け、 漫画を通して表現したいことが次々と出てきて、 楽しくて、 また漫画を描く無になれる時間に救われて、 私は自然に、 「漫画家になりたい」 と思うようになりました。 でも、それま …

no image

漫画家になりたい(13)

前回、私は、 「ここでミスをしたのかもしれません。 いえ、ミスじゃなかったのかもしれません。 今、考えてもよくわからないのです。正直に全部話すことが必ずしも正解とは限らないですし。」 と書きました。 …

no image

漫画家になりたい(2)

漫画家を目指していた私でしたが、高校卒業後の進路を決める時期がやってきました。 進学校に通っていたわけではありませんでしたが、就職するというのはあまり考えられませんでした。 就職してしまったら、今のよ …



スポンサーリンク