Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

漫画家を目指す

漫画家になりたい(9)

投稿日:2017年4月7日

私はこの世界で勝負できる人間ではない。

その衝撃的な気付きは真実でした。

真実だったので、打ち消そうとしても消すことはできませんでした。

周りは、プロの世界に入ってみたら厳しくて挫けた、
と思ったかもしれません。
甘えだと。

どう思われたかは関係なくて、
何よりも一番ショックを受けたのは私自身でした。

漫画家になるしかないと思ってやってきたのに、
それが間違いだったなんて。

ちょこちょこ入選もしていたので、まるで能力がなかったというわけではないと思います。
でも自分が気付いてしまったのです。
私はこの世界には向いていないと。

見るもの、感じるもの、全てが創作につながっていました。

漫画という表現手段を失い、それらが全て、世界が全て無意味なものに思えました。
私の周りの世界は色を失いました。

創作(=漫画を描く)は私を支えるやじろべえの軸でした。

軸を失い、私は立っていることもできずに、その場でぺちゃんこにつぶれてしまったような感覚でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-漫画家を目指す
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

漫画家になりたい(3)

それなりにテンションを上げて短大に入学しましたが、通い始めてすぐに、 「もうダメだ!」 と思ってしまいました。 それまでの学生生活はずっと、敷かれたレールの上を上手く歩んでいかなければ、と我慢していた …

no image

漫画家になりたい(14)

失礼なことをしてしまった と、この電話で初めて気付きましたが、 就職の決意は揺るぎませんでした。 先生との電話の後、アシスタントの先輩から電話がありました。 「やめるんだって?」 不機嫌な口調だったと …

no image

漫画家になりたい(8)

いわゆる漫画家の世界では有名な締め切り前の修羅場も経験しました。 ご飯づくり担当のアシスタントならぬメシスタントもやりました。 修羅場時には他の漫画家さんもお手伝いに来ました。 アシスタントの先輩も、 …

no image

漫画家になりたい(13)

前回、私は、 「ここでミスをしたのかもしれません。 いえ、ミスじゃなかったのかもしれません。 今、考えてもよくわからないのです。正直に全部話すことが必ずしも正解とは限らないですし。」 と書きました。 …

漫画家になりたい(5)

専門学校に通いながら、ペンを持たない日はないくらい漫画を描き続けました。 当時の原稿 いろいろなバイトをしましたが、最終的に画材の勉強になり画材が割引価格で買える画材屋さんで働きました。 ある日、高校 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール