Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

はじめの覚え方がその後を左右する「右と左の覚え方」

投稿日:

皆さんは、どうやって「右」と「左」を覚えましたか?

小さいころに覚えたと思われますが、その覚え方はどのようなものでしたか?

どうやら最初に覚えた「右」と「左」の区別の仕方が、その後の生活の中で「右」「左」を判断するときに、大きく影響するようです。



スポンサーリンク

「右」と「左」の判断が遅いことに気づく

10代の学生のころだったか、

「どうも自分は、それが右か左かを判断するのが遅いような気がする」

と気づきました。

たいした問題とも思わず流していたのですが、その後も、

「右と左の判断が、ほかの人よりも遅い」

と思うことが、ちょこちょこ出てきました。

一番焦るのは、自動車に乗ってナビをしているとき。

「そこの道を、えっと……」

そこの先を”右折”なのか”左折”なのか、とっさに判断ができないのです!!

自動車は当然、歩いているよりスピードが出ているので、とっさの判断がとても重要なのに、それが”右”なのか”左”なのか、出てこない。

それで「そっち側です!!」と、”右”か”左”の言葉の前に、指をさして伝えることが多いように思います。

とにかく伝えなくてはならないので、”右”か”左”かの判断に時間がかかるのなら、ジェスチャーしかないでしょう。

「右」と「左」をどうやって覚えたか

そんな経験を繰り返すうち、最初の覚え方が影響しているのかなと思いつきました。

多くの方は、どうやって「右」と「左」を覚えるのでしょう?

『お箸を持つほうが右』

と覚える方が多いのでしょうか?

私も、『お箸を持つほうが右』で覚えたら、今よりは「右」「左」の判断が早くできていたように思います。

私が「右」「左」を覚えたのは幼稚園の教室

記憶している限りでは、私が「右」と「左」の判断の仕方を覚えたのは、通っていた幼稚園の教室でした。

幼稚園の教室の前方の上の方の壁に、大きく、「みぎ」「ひだり」と貼ってありました。

もちろん右側に「みぎ」という文字が、左側に「ひだり」という文字が。

幼稚園ですから、たぶん、平仮名だったと思います。

そのあたりの記憶は定かではありません。

平仮名かどうかだったのは重要ではなく、とにかく私は、その幼稚園の貼り紙で「右」と「左」というものを認識し、頭にインプットしたのです。

「右」「左」を判断するときに幼稚園の教室を思い浮かべる

だから私は、それが「右」か「左」かを判断するときに、必ず幼稚園の教室の風景を頭に思い描きます。

えーと、教室がこんな感じであって、前の壁の上の方に貼り紙があって……、こっちに右って紙が貼ってあったから、

「(だから)これは右ですね!」

みたいな思考回路で、「右」と「左」を判断します。

幼稚園の教室を思い浮かべて、貼り紙を思い浮かべて……、とやっているから、その分、判断が遅いのだと思います。

『お箸を持つほう』で覚えている人よりも、確実に遅いように思います。

最初の覚え方が肝心

途中までは、

「私、右と左の判断が遅いの~(^▽^)」

と笑い話にしていましたが、いつまでたっても判断が遅いままで、素早い判断に迫られたときに、

「あっちです!」「こっちです!」

指差しをしているよりも、判断の仕方を直したほうがいいと思うようになりました。

「右」「左」の判断の仕方、覚え方はいくつかあるようですが、とりあえず一番わかりやすいのは『お箸を持つほうが右』かな。。

しかし、最初に覚えたことっていうのは、その後を左右しますね。(”左右しますね”って、シャレじゃないです(;^_^A)

今回のような「右」と「左」の判断の仕方のようなことであれば、自分で気づけることもあるけれど、全く気付かず、「それが当然」と思い込んでいることもあるでしょう。

 

難しいかもしれませんが、広い視野を持って、疑いもなく「当然」と思っていることでも、偏りのない見方がしていければと思います。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢では食べていけない、でも夢をあきらめたくない

「好きなことを仕事にしたい」 と考える人は多いと思います。 このブログも「好きなことを仕事にする」ということをテーマにしています。 しかし現実問題として、好きという気持ちだけでは稼げない状況というもの …

私の中にある「絶望」自分の内の光を感じろ、そして輝かせろ!

ここ数年、複数の人から、 「どうしたの? 落ち込んだ顔して」 「怖い顔していないで、笑顔笑顔」 というようなことを言われることがありました。 写真だと、瞬間的に笑顔を作るのですが、動画になると我ながら …

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …

「私(わたし)」を多く使うのは自己顕示欲が強い証拠?

会話の中で「私」という言葉を多く使っていたことがあったらしい。 例えば、 「私は、××と思う」 というふうに。 「”私”って言葉を使うの止めなさい!」 注意を受けて、初めて気づいた。え? そんなに「私 …

愛情という名の虐待

某番組に、罪を犯した女医さんが出演していた。 実家はお金持ちで、何不自由なく甘やかされて育った。 成績も優秀で、医師になった。 コメンテーターは、 「親がかわいそう」 と言う。 でも間違っているかもし …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール