Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

「私(わたし)」を多く使うのは自己顕示欲が強い証拠?

投稿日:

会話の中で「私」という言葉を多く使っていたことがあったらしい。

例えば、

「私は、××と思う」

というふうに。

「”私”って言葉を使うの止めなさい!」

注意を受けて、初めて気づいた。え? そんなに「私」を多用していたかなって。


スポンサーリンク

むしろ相手を尊重する気持ちで使っていた

その人曰く、

”私”を多く使うのは、自己顕示欲が強いということなのだそうだ。だから不愉快なのでやめろということ。

指摘されて考えてみると、確かに”私”という言葉を多めに使っていたかもしれないと思った。

でも”私”という言葉を使っていたのは、むしろ相手や他人の気持ちを尊重するつもり、かつ自分の意見に責任を持つ気持ちだった。それが自己顕示欲が強い人と取られるなんて思ってもいなかった。

つまり、

「(もしかして間違っているかもしれないけれど)私は××と思います」

とか、

「(あなたの意見を否定するつもりはないけれど)私の意見は☆☆です」

というふうに。

激しい自己主張や、相手の主張をねじ伏せるという意味ではなくて、いろいろな考え方もあるとわかっていて、自分の考えが正しいとは言えないけれど、でも「私は××と思うんですよ」という気持ちで使っていた。

だから自分とは違う意見が出ても頭から否定はしないし、ほかの意見を聞いて自分の意見をあらためることもしてきた。

まさか「”私”を使うな。不快だから」と指摘されるとは思っていなかった。

日本語には主語がない

日本語では主語(私)が省略されることが多い。

例えば英語では、

「I like cake」(私はケーキが好きです)

というところを日本語では、

「ケーキが好きなの!」

だけで表現できる。

確かに「私はケーキが好きなの!」と”私”をつけると、くどいように感じる。

会話をしながら「私の考えは××なの!」「私の家には◎◎があるの!」と”私”を連発されたら、感じが悪くなってしまうかもしれない。

「みんな同じ価値観」というのが前提らしい

日本語では主語が省略される傾向があるのは、みんなが同じ価値観であるのが前提だからだそうだ。

誰の意見かは関係なく、みんな同じ意見、合わせるのが当たり前、違う意見を言ったらその場で浮いてしまう。

自己主張して嫌われたら仲間外れにされてやっていけなくなる「村八分」のような考え方が根強く残っている。

「空気を読む」をしていかないと、やっていけなくなるということ。

人と同調することが尊いと考えられている日本では、自分と他人を切り離して、自分の意見を主張する、自分の発言に責任を持つという意識が、世界から見ても遅れているらしい。

和を尊ぶのも大切だけど、違うと思うことは主張しないと

協力したり、和を尊ぶのは日本人の良いところだと思うから、なにも全面的に世界に合わせることはないと思う。

だけど、「人とは違う自分の意見は言えない」のは違うと思う。

相手の意見をねじ伏せるようなことをしたいわけではなくて、間違っていると感じたことを見ないふりをしているのはおかしいし、相手を理解しようと努めつつ、自分の考えも言うことが自己顕示欲が強すぎとは思わない。

日本語において、また日本社会において「私」を多く使うのが不快ならば、多用しないようにするけれど、例え控えめであっても、意見は言える自分でありたい。それが人とは違う意見であっても。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

好きなことが見つからない?それより忘れてはいけないこと

このブログのコンセプトが「好きなことを仕事にするためにやってきた奮闘記」なので、そのことについても触れていきたいのですが、 そもそも「好きなことが見つからない」という意見があることについて、 また、” …

死ぬな!つらいなら学校なんて行かなくていい。

新学期が始まる9月1日には、自殺してしまう子供の数が多いのだという。 日本には三大義務というのがある。「教育」「勤労」「納税」。 これは、最低限の読み書き・計算ができるような「教育」を受けたら、 社会 …

だから一生懸命!物事は思った通りにはいかないと思った話

「人生は思い描いたとおりになる」 「失敗するのは、イメージするチカラが足りないからだ」 と世間では言われることがあります。 確かに一理あるのかもしれませんが、そんな思った通り、予想した通りになるもので …

こんなとき、どうする?「その判断をする心は貧しくないですか?」

何年も前の経験、リライト。 この感覚、今でもずっとテーマですね。 どうなんだろう、そういう状況に遭遇しないとわからないということもあると思いますが。 スポンサーリンク Contents 仲間うちで出た …

コトバ ノ チカラ|ツツジの季節になると思い出すnoriさんのこと

2014年に書いた記事を、こちらに転載。 ツツジの季節になると思い出してしまうから。 ********* ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した主人公を描くドラマが放映されている。 「僕のいた時間」 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール