自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

思うこと

好意であっても傷ついたならお礼は言わない

投稿日:2024年3月20日

相手が好意を持ってしてくれたことなら、
たとえそれほどうれしいことでなかったとしても、
大人の対応として、
お礼は言ったほうがいいよねとは思います。

でも不愉快になったり傷ついたりしたのなら、
お礼を言わなくてもいいのではないかと思うのです。

今回は、お礼を言わなかった、お土産に関する体験談を2つ綴ります。



スポンサーリンク

断っても買ってくる

当時の友人Aは、よく家族で旅行に出かけ、行くたびにお土産を買ってきてくれました。

大抵はお菓子などで、わざわざ買ってきてくれてありがたいなあと、最初のころは喜んでお礼を言っていたものです。

しかし、それにしても友人Aは頻繁に旅行をしていて、そのたびにお土産を買ってきてくれました。

「そんなに毎回、気を使ってくれなくていいよ」
さりげなく断っても、買ってくるのです。

好意だとわかっているけれど、断っているのに買ってくるし、受け取るのも段々負担になってきて、
「もらっても食べきれないんだよね」
と、少し強めに断っても、それでも買ってきてくれました。

日々の生活が忙しくなってきて、なかなか会えなくなってからは、
「お土産買ってきたの。渡したいから会えないかな」
と、欲しくもないお土産を受け取るために呼び出されるように。

しかも、会って渡されるときには、
「日にち経ったから、賞味期限キレちゃった」
と。

お土産を受け取るために時間を作り、受け取るお土産は賞味期限切れ。

もう、お土産恐怖症になりそうでした。

さすがに、お土産をもらってもお礼を言う気にはならなくなり、
そのうち友人Aとも疎遠になりました。
(お土産の件があったからだけではありませんが)

正当化するために思えた

知り合いを通して知人Bにお願いごとをしたところ、
「今週は忙しいが、来週連絡をする」とのことでした。

ちなみに、私のほうから積極的にお願いしたわけでなく、
知り合いが「頼んであげようか?」
と好意で提案してきて、
私が「できたらお願いします」
と返事をした流れでした。

来週連絡すると言われたものの、知人Bにとって、連絡してくることは義務ではないし、
してこないんじゃないかな、という予感はしていました。

そして、案の定、連絡はありませんでした。

実は内心、ひそかに傷つきました。

本当に困っていたので。
また、知り合いが好意で「頼んであげようか」と言ってくれたのがうれしかったので。

でも、忙しいのだろうし、仕方がないよねと、
約束が守られなかったことに納得しました。

知人Bから連絡があったのは、傷ついた記憶も薄れていた2~3か月が経ったころ。

連絡ができなかったことへの謝罪と、
旅行先でお土産を買ってきたから送りたいとの内容。

なぜ、連絡をしなかったのかの、もっともらしい理由も添えて。
(むしろ私のためだった、というような)

その理由が本当であれば、そのときに言ってほしかったと思いました。
期待させておいて約束を破るなんてことせず。

私にはその理由は後付けで、実際は面倒だっただけなんじゃないかと思えました。

面倒がられたとしても、それは別にいいんです。

忙しくて面倒だったでも仕方ないとは思うのですが、
自分がしたことを正当化するような理由付けが、潔くないなとイラッっとしてしまいました。

自分はちゃんと考えていたんですよ、みたいな姿勢が。

でも、なんにしろ知人Bが好意で買ってくれたお土産、
大人の反応として、お礼をして受け取るべきとは思いました。

が、私はお礼も言わず、受け取ることもしませんでした。

器が小さいのかもしれませんが、このときは本音を押し隠して大人の対応をしなくてもいいと思ったのです。
なにも、そんなにいい人になる必要はないと。

我慢してストレスを溜めない

知人Bの件、それまでの私だったら、自分の感情はおさえて、お礼を言って受け取っていたと思います。

でも、私はそうやって感情をおさえて、ストレスを溜めてきたんだと気づきました。

だから「約束が守られず、それを正当化してきて誠意も見えず、傷ついた」
とまで伝える必要もないように思いましたが、
(言ったところで通じない人だから、こういうことになったのだろうし)
傷ついていないふりをして、ニコニコいい人になる人もないよねって思ったのです。

たとえ好意であっても、傷ついてしまうことはあります。

そういうときは、我慢して波風立てないようにするばかりではなく、
愛想いい対応をしないというのも、アリだと思います。

ストレスを溜めすぎて、心のバランスを崩さないためにも。

 

オリジナル小説、Amazonにて販売中☆
よろしくお願いします!
未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
そんな夜の、とっておき

☆創作小説・短編 noteにて公開中

☆創作小説・中長編 エブリスタにて公開中

ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪
自分らしさにこだわってチームで発信していきたい☆
<こんなものにこだわって暮らしたい>
アナログの音、本、映画、パートナー、木、花、パソコン、美味しい食事、陽の光、猫、オシャレ、筋トレ、会話、書く、描く、言葉、知識、健康、仲間、友だち、温泉、笑い
複数ブログ運営中!更新報告はXから!フォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰にもわかってもらえない自分の中の真実

誰にもわかってもらえない想いを抱えてしまうこと、ありますよね。 誰かに話したら、批判的な意見を言われてしまい、落ち込んで自分を責めてしまう。 「やはり自分が間違っているのではないか?」 「こんなふうに …

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …

価値観がわかる心理テストで結果が逆転!?川を渡る女

何年も前に話題になった心理テストらしいのですが、私は昨年知って、人それぞれの解釈の違いに驚きました。 そしてさらに、別バージョンがあることを知り、自分の心理テスト結果も大逆転。人の心の複雑さについて考 …

仕事をすぐ辞める心理が理解できるかもしれない

4月になり、世間では新しい仕事や学生生活などをスタートさせている方たちが多いです。 希望に燃えて新生活をスタートさせていると思いきや、「就職した会社を辞めた」と報告している人がいて、 「いや、いくらな …

私の中にある「絶望」自分の内の光を感じろ、そして輝かせろ!

ここ数年、複数の人から、 「どうしたの? 落ち込んだ顔して」 「怖い顔していないで、笑顔笑顔」 というようなことを言われることがありました。 写真だと、瞬間的に笑顔を作るのですが、動画になると我ながら …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク