自由に自分らしく生きていく

ライター、心理カウンセラー・タロット占い、ムビラ弾き♪自由に自分らしく輝きながら生きていく☆ライフワークの”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

日々 思うこと

別人願望?見栄を張って作り話をするのは共感できる?

投稿日:2019年1月7日

本当の自分を偽って、別人のようにふるまう気持ち、わかりますか?

これは、お世話になっている美容師さんから聞いたお話。実話です。

共感を呼ぶ話なのでしょうか?

私は、少しならわかるけど「そこまで?」って思ってしまったのですが。



スポンサーリンク

常連客の気品ある年配の女性

頻繁にお店を訪れる、ある年配の女性がいたそうです。

上品な雰囲気で、カットするときだけではなく、「シャンプー」や「髪の毛のセット」だけでも来店するということで、お金持ちの奥様というムード。

本人の話によれば、結婚をしていて、息子さんがいるということ。

よく毛糸の手編みのような服を着ていて、美容師さんが誉めると、女性は「編み物の先生をしていて、自宅で教えている」と。

言われてみれば、そういう雰囲気の女性だったので、疑うこともしなかったそうです。

ある日、久しぶりに来店

よく店に来ていた女性でしたが「最近来ないな」と思っていたら、ある日、久しぶりにお店に来たそうです。

「久しぶりですね! どうされていたんですか?」

と聞くと、少し遠くに引っ越したという。

「だから、しょっちゅうは来れなくなってしまったの」

などと話をしつつ、いつものような会話をして、帰っていったそうです。

 

ところが、ちょうどお店にいたほかのお客さんが、美容師さんに声を掛けました。

「あなた、あの人の知り合いなの!? 知り合いだったら、伝えて欲しいことがあるんだけど!」

そのお客さんは、女性の近所に住んでいた人だったそうです。

女性は近所付き合いをしない人だったので、その人の顔を見ても気づかなかったのだろうと。

お客さん「あなた、あの人から、どういう話を聞いてるの?」

美容師さん「旦那様がいて、息子さんがいて、編み物の先生をやってらっしゃったんですよね。引っ越しされたそうですけど」

お客さん「全然、違うわよ!」

そして、美容師さんはお客さんから、女性の本当の姿を知らされることになります……。

知らされた女性の本当の姿

話によると、女性はずっと一人暮らし。

元々はお金持ちの父親と暮らしていて、父親亡き後は、一人で暮らしていたとのこと。

結婚もしていず、子供もいない。

編み物の先生をやっていたというのも嘘。

近所付き合いをまったくしない人だったけれど、ある日、突然、いなくなった。

どうやら老人ホームに入ったらしい。

誰も住まなくなった家が、そのまま残されている。

人が住まなくなった家は、どんどん廃屋のようになっていく。

「売るとか貸すとか、手入れする人を頼むとか、どうにかして欲しい」と、近所でも噂になっている。

 

お客さん「あなた、知り合いなら、家をどうにかしてって、話してよ!」

美容師さん「……私が、ですか? それはちょっと……」

考えてみると、思い当たることがあった

意外な女性の真実の姿を知らされて驚いた美容師さん。

しかし考えてみると、思い当たることがあったそうです。

 

例えば、あるとき、店に電話がかかってきた。

その女性からで、

「私、入院しちゃったの」

と言う。

美容師さんは優しい人なので、

「え! 大丈夫ですか? どこの病院ですか? お見舞いに行きますよ」

病院名を聞き、お見舞いに。

 

女性は、病院の個室に入院していたそうです。

そのときの病室の雰囲気、思い出してみると、殺風景だった。

お見舞いの花も、何もなかった。

旦那さんや息子さんが出入りしていたり、編み物の生徒さんがお見舞いに来ていたりする気配もまるでなかった。

 

美容師さんから話を聞いて、私は言いました。

「病院にも嘘ついていて、誰もお見舞いに来てくれないことを不審がられて、お見舞いに来てくれそうな人に連絡をしたんじゃないですか?」

 

その後、美容師さんは女性が入ったという老人ホームを探し、訪ねて行ったそうです。

迎えてくれた女性は、ニコニコしながら出てきて、

「ここの人たち、みんな優しいの! すごくいいところよ!」

と言ったのだそう。悪びれる様子も、気まずそうな様子も何もなく。
(美容師さんは、女性を問い詰めることはしなかったと話していたかと思います)

「わかる」という人が多く、意外

私「虚言癖? なんでそんな嘘をついたんでしょう?」

美容師さん「自分の本当の姿、知られたくなかったのかな」

私「結婚していなくて、一人暮らしだって、なにも恥ずかしいことじゃないのに」

美容師さん「そうだよね」

 

美容師さんと私は、上記のような会話をしたのですが、この話を男女2,3人にしてみたところ、全員が、

「その女性の気持ち、すごくわかる!」

と言うのです。

えええええ? そうなんですか?

これは、多くの人に共感されるお話?

 

いえ、知られたくないこと、「言わない」のはアリだと思います。

誰にでも本当のことを話す必要もないですし。身を守るためにも、親しくもない、言う必要もない人に、自分の状況を詳しく話す必要もないでしょう。

 

でも、ある程度親しい人に、まったくの作り話をして、別人になりきっちゃうって、どうなんだろう?

ネットの世界だとありそうだけど、ネットではないですよ、リアルですよ。

少し「見栄を張る」ことはあるのかなと思いますが、この話は、別人になってるじゃないですか。架空の旦那様や息子さん、生徒さんも登場して。

 

うぅぅぅーーん、別人願望? 見栄を張りたいだけのこと?

大きな被害に遭った人がいるわけではないようなので、問題ないのかもしれませんが。

人の心は複雑ですね……。

100%理解できないわけではないけれど、「すごく共感できる派」が多かったので意外でした。

 

あなたの”一生懸命”を応援します☆
書いて描いて弾いて占います。
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-日々, 思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「悔しい」ときは、自分を知るチャンス?

「悔しい」と感じるときは、自分を知るチャンスだといいます。 なにに対して「悔しい」のか、「悔しい」と思うことこそ、自分が得たいと思っているものなのではないかって。   自分にはあまり闘争心が …

まずは「気付く」ことが第一歩目の理由、その先は・・・

「気付く」という姿勢や目線を持っていることが大切だと思っています。 気付かないでいると、チャンスを棒に振っていたり、周りを知らないうちに不快にさせていたり、理由もわからず自分も苦しかったりするからです …

そのことは大切なものを失ってまで得たいことですか?

最近、怖いことに気づいてしまったんです。 考えすぎかもしれないのですが、「そんな覚悟あるかって言われたら、今のままでいいよ~」と思えてしまうようなこと。 ちなみに、この件に結びつくような短編小説を「n …

欲を抑えていると消滅したと勘違いする?

  リハビリ中のこともあり、いろいろ我慢していることが多い毎日ですが、 やりたいことができるようになる日を楽しみにしていると、 それほど「つらい」と感じるばかりではありません。 などと考えて …

ズレを上手に活かしていこう!|ズレこそ個性、自分らしさ

いつもではないのですが、たまに人と話をしていて、 「そういうつもりじゃなかったのに」 相手のリアクションに違和感を覚えることがあります。 逆に自分のリアクションが、相手にうまく伝わらないことがあります …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
メンタル心理カウンセラー、ライター、タロット占い、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お話聞きます&タロット占いいたします 自由に自分らしく輝くお手伝いをします☆



スポンサーリンク