Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするための体験、日々の思うことを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

思いやっているつもりが全然伝わらないこともある話

投稿日:2018年10月1日

台風一過。

気圧の影響なのか、頭痛がして、集中力がキープできないのですが、もしかしてこういう悲しいすれ違いをしている人もいるのかもしれないと思い、書きます。

思いやっているつもりが、相手には全然伝わっていないこともあるというお話です。

単に意識の違いなのだと思いますが、お互いにこんなすれ違いをしているのは悲しいかなって。



スポンサーリンク

子供側は不満を抱えている

「普通、親だったらさあ、子供のことを想って、××してくれるものなんじゃないの? なんで、それをしてくれないの? うちの親はおかしい」

親子関係でありがちな子供側の不満です。

相手が親だからこそ、期待してしまうこと。

もっと子供のことを想って、もっと××してくれるのが普通なんじゃないの?

それなのに、なんでうちの親はしてくれないの? おかしい!

 

まあ、確かに。

親は子供のためになるようなこと、子供が困らないようにと想ってくれてもいいはずだと思いがち。

しかし、こういう話を聞いて、私は「うむ~、でもさあ」と思ってしまったのです。

しかし親側は充分やっていると思っている

なにを、

「うむ~、でもさあ」

と思ったかというと、

親側は充分、子供のことを想っているつもりなんじゃない?ということ。

 

親が子供の頃には、

  • 充分に食べさせてもらうこともできなかった
  • もっと勉強したかったのに、学校に進学させてもらえなかった

だから、自分の子供には、

  • お腹いっぱい食べさせて、ひもじい想いをさせないように
  • 学校にも進学させて思う存分、勉強できるように

と思って育ててきた。

そして、ひもじい想いもさせず、行きたいという学校にも進学させた。

なのに、なんの文句があるのか!

が、親の気持ちなのではないかと。

再び、子供の想い

しかし、子供側は、

  • お腹いっぱい食べる
  • 学校に進学する

なんて、当たり前と思っているんですね。

そして、それ以上の、それにプラスしての愛情を求めているんです。

もっと、子供のためを思い、状況を整えてくれてもいいじゃないか、とか。

充分やっていると思っている親側と、それ以上を求める子供のすれ違い

このすれ違い、悲しくないですか?

だって、親側は、自分のようにつらい目に遭わせないように、充分やっているつもりなんですよ。

なのに、子供には不満をぶつけられる。

感謝されないまでも、

「なんで? 充分やっているのに、なにが不満?」

という気持ちになってしまうのではないでしょうか。

どっちが悪いわけでもないけど、さまざまな状況で起こりうること

このすれ違いは、親子関係だけではなく、さまざまな状況で起こりうることだと思います。

大切なのは、

相手の立場や背景を想う想像力を持つこと

そして、

なにかをしてもらうことを当たり前だと思わないこと

なのではないでしょうか。

 

親子関係であったって、やってもらって当たり前ではないですよ。

やってもらったら、ありがとうですよね。

それは友だち関係だって、夫婦だって、恋人同士だって、知り合い同士だって、職場でのことだって同じこと。

「こうしてくれて当たり前」

なんて思ってしまうから、不満も生まれてしまう。

 

逆に、

やってもらって、ありがた迷惑

のこともあるので、人との距離の取り方は難しいです。

 

出すぎず、出なさすぎず、を心がけていきたいものですね。

 

複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悩みは聞いているだけでいいこともある「他人は自分を映す鏡」

「他人は自分を映す鏡」という言葉がありますよね。 この言葉には、いろいろ深い意味があると思いますが、今回は、 自分に対して他人がしてくれたことを考えたら、 自分が別の他人(相手)に対して、どうしたらい …

自分のために頭を下げる親の姿なんて見たくない

娘さんが逮捕されたことで、記者会見で頭を下げるタレントさんの姿を見て、思い出したことがあります。 私は特に優等生ではありませんでしたが、大きな問題を起こしたこともありません。悪いことをしたため親が呼び …

人はわかってもらいたいもの、だから私の占いは「肯定」から始まる

私は占い師もしています。 お話(お悩み)をうかがう時に、決して否定はしません。 否定してしまうと、そこで終わってしまい、その先に行けない。 人は、矛盾する感情を抱えているものです。 自分でも整理できな …

はじめの覚え方がその後を左右する「右と左の覚え方」

皆さんは、どうやって「右」と「左」を覚えましたか? 小さいころに覚えたと思われますが、その覚え方はどのようなものでしたか? どうやら最初に覚えた「右」と「左」の区別の仕方が、その後の生活の中で「右」「 …

恋愛にも弱点克服にも活かせる!心理テスト「川を渡る女」

以前、書いた心理テストで価値観がわかる記事、これって、恋愛の相性や、自分の弱点克服にも活かせるのではないかと思ったので、そのことを書きます。 弱点克服っていうか、心がラクになるというほうが近いです。心 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

<script>