Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

思うこと

「傷つくほうが悪い」は違う、でも心を強くしていかないとね

投稿日:

先日、会話の中に、

「そんなことをいつまでも気にするほうがおかしい」

「いや、傷つくほうが悪いっていうのは違うんだ」

というやり取りが出てきて、うんうん、確かにと思いました。

そしてなんだか、そういうふうに思う人がいるということに安心しました。


スポンサーリンク

同じ言葉でも傷つく人と傷つかない人がいる

言いたいことを言いあって、スッキリする人たちもいます。

言われて傷ついてしまう人もいます。

どちらのタイプでもいいと思いますが、忘れてはいけないのは、傷つく人もいて、それを「傷つくほうが悪い」と片付けてしまわないこと。

例えば同じ環境で育って、同じ言葉を言われても、気にしない人と、それが心の傷になって残ってしまう人がいます。

「他の人は大丈夫なのに、傷ついてしまう自分が悪いんだ」

と自分を責めてしまう人もいます。

責めてしまう気持ちもわかります。私にもそういう部分があるから。

でも傷ついてしまう人が悪いわけではない、だから自分を責めないで欲しいといいたいです。

実際に職場であったこと

以前、勤めていた職場は男性ばかりで、みんな言いたい放題でした。

根は良い人たちだとわかっていたので、なにを言われても冗談で返していましたが、私がその職場を辞めた後、入ってきた女性が、

「〇〇さん(私の名前)は、こんな状況で耐えていたんですか? もう耐えられないです!」

という言葉を残し、パワハラとセクハラを上司に訴えて、早々に辞めてしまったそうです。

パワハラ疑惑とセクハラ疑惑をかけられた直属の上司は、かなり落ち込んでいたとのことでした。

私はその職場で、なにも耐えていません。

でも私が笑いながら流せていたことで傷ついてしまった彼女のことを、責めることもできません。

私は気にもしなかったことで、彼女は会社を辞めるほどに傷ついてしまったということ。性格の違いもあるのでしょうが、傷ついたという彼女を、どうして責めることができるでしょうか。

傷ついてしまうことで罪悪感を持つ

誰かに傷つけられた場合、

「××に傷つけられた! ××嫌い!」

と思う人が多いでしょう。

でも傷ついたことで罪悪感を持ってしまうこともあります。つまり、

「こんなことで傷つく自分が悪い」

と。

または相手にこんなことを言わせる自分に原因があるのではないか、自分が悪いのではないか、と。

もう1回言います。傷つくほうが悪いというのは違います。傷つくことが悪いわけではありません。

心を鍛える

相手を責めるだけではなく、自分にも非があったのではないかと考える心はステキだと思います。

反省し、それを教訓にすることで、人は成長するからです。

でも自分を責めすぎて、深く落ち込んだままになってしまうのは良くありません。

人間はみな、弱いものだと思いますが、「強くなろう」と心がけるようにしましょう。

心は筋トレをするようには鍛えられない

と言ったのは、今、話題になっている貴の花親方が現役の頃だったと思います。

身体のどこかを鍛えようと思ったら、そこを鍛えるトレーニングをすればいいのですが、

「心を鍛えることだけが、心を鍛えることではない。心を強くしていくには、いろいろな場に行き、いろいろな状況に対応していくこと。さまざまな場を踏み、人と接していくことで、心が鍛えられ、強くなっていく」

心を鍛えるためには、いろいろな体験をしていくこと。それらに対処していくこと。

言葉に気をつけ、心を強くしていく

自分が受け身のことだけではなく、不用意な言葉で相手を傷つけてしまうこともあります。

気をつけていても、気をつけていても、起こってしまいます(><)

なんでそんなふうにとられてしまうんだ!と呆然とすることもあります。

失敗して落ち込んでいるだけではなく、そこから学び、繰り返さないようにすることを心がけるようにしたいです。

そして誰かからぶつけられる言葉に傷ついたままにならないように、心を強くしていきたいです。

うん、強くなろうと願う心を持とう。

 

↓以前、書いた短編小説です。『この世には強い人間なんていない。弱いままでいいという人間と、強くなりたいと願う人間がいるだけだ』
「それぞれの20年」

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「できること」と「できないこと」はどうやって決めるの?

「できること」と「できないこと」の境界線は、どこにあるのだろう、 「できること」と「できないこと」は、どうやって判断したらいいのだろう、 と悩んだことはありませんか? 私は、あります。 自分では精一杯 …

「私(わたし)」を多く使うのは自己顕示欲が強い証拠?

会話の中で「私」という言葉を多く使っていたことがあったらしい。 例えば、 「私は、××と思う」 というふうに。 「”私”って言葉を使うの止めなさい!」 注意を受けて、初めて気づいた。え? そんなに「私 …

そのことは大切なものを失ってまで得たいことですか?

最近、怖いことに気づいてしまったんです。 考えすぎかもしれないのですが、「そんな覚悟あるかって言われたら、今のままでいいよ~」と思えてしまうようなこと。 ちなみに、この件に結びつくような短編小説を「n …

自分を苦しめている自分

私は占い師もやっているので、いろいろな方のお話を伺うこともあります。 占い師は守秘義務があるので、細かくは書けません。 でもその人がその人であるがゆえに悩んでいることが多々あります。 個性(性格、物事 …

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール