Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

モノカキになりたい

モノカキになりたい(7)

投稿日:2017年4月28日

B社に連絡をしました。

事情を話すと、もう一度、作品を見てくれるとのことでした。

私はB社に提出するための執筆活動を始めました。

その執筆に取り組んでいるとき、不思議な感覚がありました。

例えば、
「やるぞー」
と思って原稿に向かうと、いきなりバッテリーが切れて、部屋が真っ暗になってしまったり。

いつもならそんな失敗しないのに、原稿の上にコーヒーをこぼしてしまったり。

――なんか、ジャマが入ってる? 取り組んでいることが間違ってる?

カンなのか、思い込みなのかわからないのですが、
私には、たまにそういうことが起こります。

やっているときに、なんとなくジャマが入っている気がすると、
結局そのことはうまくいかないっていう。

何度かそういうことを経験しているので、
「コレ、うまくいかないかも」
と思ってしまうようになりました。

でもそのときは、B社に向けての原稿を書くしかなかったので、書き上げて、見て頂きました。

まるで、取り合ってくれませんでした。

愚かにも、その時初めて気付きました。
A社を優先した時点で、B社の編集さんは頭にきていたのだと。

A社がダメになったから、今度はB社で、なんて、虫がよすぎる考え方なのだと。

その後も、親が心配してくれて、知り合いをたどって、大手編集部を紹介してくれました。

私のために頭を下げる親を見ていて、悲しくなりました。

もう、いい。
自分だけのチカラでやる。
できないなら、できないでいい。
こんなのは悲しすぎる。

それでも原稿を預けて、連絡を入れると、嫌味を言われたのを覚えています。
私はコネを利用した嫌な人間になってしまっていたようです。

そんなこんながいろいろあり、
これ以上、親にも心配をかけるのはイヤで、
どうしよう……

私はまた悩むことになります。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-モノカキになりたい
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モノカキになりたい(3)

その後、何度か、その出版社(仮にA社とします)の編集さんと打ち合わせをしました。 そして、更に驚くことが起きました。 300枚くらいの作品を送った出版社からも連絡がきたのです。 やはり大手でした。 「 …

モノカキになりたい(2)

漫画家のアシスタント時代に書きはじめ、 正社員時代に書き終えた小説(原稿用紙300枚くらい)と、 その後、書き終えた小説(原稿用紙100枚くらい)を出版社に応募していました。 次の作品を書きはじめなが …

モノカキになりたい(5)

A社にしぼって、編集さんの指導のもと、創作を続けていた私ですが、 その後、具体的な出版の話は全然進みませんでした。 どうなっているんだろう? 疑問を編集さんにぶつけてみても、明確なこたえはなく、 調子 …

たった1日で☆Kindle(amazon)で電子書籍出版に成功!

人生初、電子書籍のセルフ出版(個人出版)に成功しましたー! そんな夜の、とっておき (クリックでAmazonに飛びます) 以前、紙の本の自費出版をしたことがありますが、それに比べてめちゃくちゃ簡単でし …

モノカキになりたい(6)

私は出版の話を親にも報告していました。 とても楽しみにしてもらっていたというのもあって、 たまたま父親の知り合いが、A社の編集部の責任者を知っていて、 大学の先輩後輩繋がりだったというのもあって、 そ …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール