Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

モノカキになりたい

タロット占いをしてもらう

投稿日:2017年4月28日

どうしよう、と悩みながら、街を歩いていた時、
占い師さんに出会いました。

いかにも占い師という雰囲気の綺麗な女性でした。
タロットカード占いでした。

女性によくあるように、私も占いは好きで、本を買って自分でやってみたりしていましたが、
タロットカード占いはしたことがありませんでした。

悩んでいた私は、占いをやってもらうことにしました。
タロットカード占い初体験です。

例え、今すぐプロになれなくても、
創作は私にとって失えないものなので、やめるつもりはありませんでしたが、
今の状態はどういうものなのか、
今、やるべきことはなんなのかを知りたかったのです。

事情を話すと、占い師さんは、
「あなたには創作の才能がある。でも、それが世に出るのは今ではなくて、ずっと先になる」
と、私が恐れていたことを言いました。

創作はやめられない、
だけどもう少しがんばっていけば、プロになれるのか、
というのが私が悩んでいたことだったからです。

やめられないのだから、
今すぐプロになれなくても続けていくというのは、自分の中で既に決意していたことでした。
ずっと先になってしまうというのは、
そうじゃなければいいのに、と思っていたことでした。

では今、私はどうすればいいのかを聞いてみると、
「あなた、絵をやっていない?」
と聞かれました。

びっくりしました。
だって私は、モノカキを目指す前は、ずっと漫画家を目指していたわけですから。

「今は、絵の勉強を続けた方がいい。あなたは絵から出ていく可能性がある。今の時代は、文章を書ける人はたくさんいるから、プラスアルファが必要。文章も書くけど、絵も描けるというような。あなたは絵の勉強はやめないで続けていくべき」

そうか、と思い、その後、また絵を描こうと思いましたが、
一旦置いてしまったペン(または筆)を持って、気持ちを新たにすることはできませんでした。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-モノカキになりたい
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モノカキになりたい(7)

B社に連絡をしました。 事情を話すと、もう一度、作品を見てくれるとのことでした。 私はB社に提出するための執筆活動を始めました。 その執筆に取り組んでいるとき、不思議な感覚がありました。 例えば、 「 …

モノカキになりたい(3)

その後、何度か、その出版社(仮にA社とします)の編集さんと打ち合わせをしました。 そして、更に驚くことが起きました。 300枚くらいの作品を送った出版社からも連絡がきたのです。 やはり大手でした。 「 …

モノカキになりたい(6)

私は出版の話を親にも報告していました。 とても楽しみにしてもらっていたというのもあって、 たまたま父親の知り合いが、A社の編集部の責任者を知っていて、 大学の先輩後輩繋がりだったというのもあって、 そ …

モノカキになりたい(2)

漫画家のアシスタント時代に書きはじめ、 正社員時代に書き終えた小説(原稿用紙300枚くらい)と、 その後、書き終えた小説(原稿用紙100枚くらい)を出版社に応募していました。 次の作品を書きはじめなが …

モノカキになりたい(1)

会社を辞めた途端、不思議なことが起こりました。 悩まされていたアトピーが、きれいに治ったのです。 食事に気を付けたり、 病院に行ったり、 高くて苦い漢方薬を飲み続けても、 治る気配が全くなかったアトピ …



スポンサーリンク