Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

モノカキになりたい

モノカキになりたい(4)

投稿日:2017年4月25日

A社の編集さんから、
「(創作の勉強として)映画をたくさん観るように」
とアドバイスされ、私は毎日3本くらいの映画をレンタルしてきて観ていました。

本が出版される日を心待ちにしながら、ふと、
自分は今、デビュー前の身なのに、2社両方からアドバイスを受けている状況なのはOKなのだろうか?
と思いました。
もしかして掛け持ちはダメなのでは?

なんというか、
別に契約したわけではないのだから、もう少し上手に世渡りできなかったのかなと、
後から考えると思えるのですが、
そのときは、そう思いこんでしまいました。

B社には最初からA社のことを打ち明けていたので了承済みだったのですが、
最初に声をかけて頂いて、出版が決まっていたのはA社だったので、
A社にもきちんと話さなくちゃと思ったのです。

そしてA社との打ち合わせの時に話をしたところ、
「それは困る。あなたはウチからデビューするんだから。B社は断ってください」
と言われてしまいました。

私はB社にその旨を、自分なりに丁寧に伝えました。

B社の編集さんは、
「わかりました。A社でデビューなさって、落ち着いた頃に、また声をかけますね」
というようなお返事を下さいました。

そのときは、
なんて心温かい対応を!本当にありがたい。
などと、おめでたく思ってしまったのですが、B社が気を悪くしないはずはありません。
おめでたい私は、そのことに気付きませんでした。

そして私はA社にしぼって、アドバイスを受けながら創作を続けました。

さて、その後、私はモノカキデビューできたのでしょうか。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-モノカキになりたい
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モノカキになりたい(7)

B社に連絡をしました。 事情を話すと、もう一度、作品を見てくれるとのことでした。 私はB社に提出するための執筆活動を始めました。 その執筆に取り組んでいるとき、不思議な感覚がありました。 例えば、 「 …

モノカキになりたい(6)

私は出版の話を親にも報告していました。 とても楽しみにしてもらっていたというのもあって、 たまたま父親の知り合いが、A社の編集部の責任者を知っていて、 大学の先輩後輩繋がりだったというのもあって、 そ …

モノカキになりたい(5)

A社にしぼって、編集さんの指導のもと、創作を続けていた私ですが、 その後、具体的な出版の話は全然進みませんでした。 どうなっているんだろう? 疑問を編集さんにぶつけてみても、明確なこたえはなく、 調子 …

モノカキになりたい(1)

会社を辞めた途端、不思議なことが起こりました。 悩まされていたアトピーが、きれいに治ったのです。 食事に気を付けたり、 病院に行ったり、 高くて苦い漢方薬を飲み続けても、 治る気配が全くなかったアトピ …

モノカキになりたい(3)

その後、何度か、その出版社(仮にA社とします)の編集さんと打ち合わせをしました。 そして、更に驚くことが起きました。 300枚くらいの作品を送った出版社からも連絡がきたのです。 やはり大手でした。 「 …



スポンサーリンク