自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

派遣社員

派遣社員になる(17)

投稿日:2017年6月26日

有給休暇も残っていましたが、
現金で払うので、休みは取らないでほしいと言われていました。

11月いっぱいで終わるとはいっても、全員が同時に業務終了ではなく、
グループごとに、順番に業務終了になる、
つまりやっている業務ごとに終わる時期が1日ずつくらいズレていたんです。

私は最終セクションにいたので、業務終了も最後のほうでした。

グループごとに、いつまで業務があるかというシフトが決まっていたのですが、
例えば、水曜日までのシフトが決まっていても、火曜日に仕事に行くと、
「皆さんのお仕事は今日で終わりです、お疲れさまでした」
というアナウンスが行われるようになりました。

しかもアナウンスが行われるのはその日の夕方。
明日も仕事があると思って予定を入れていたのに、突然、今日で終わりと告げられる。
なくなった分の仕事の給料が払われるわけでもない。

それがグループごと、順々に行われていきました。
ひどい話だと思います。

そこでの業務終了後の仕事は紹介するという話だったのですが、
私と同時に異動してきたスタッフたちには、12月から元の職場に戻る話が来ていました。

元の職場に残っていた仲が良かったスタッフに、
「●日から、そっちの職場にまた行きます。会えますね!」
などとメールをしていたのですが、ある日、ランチをしている時、派遣会社から一通のメールがきました。

「来月からの業務ですが、延期になりました。×日からになります」
引き続き、あるはずの業務が2週間ほど延期になってしまったんです。

えっ!困る!
師走のかきいれ時に、半月も仕事がないなんて、困るよー!

メールには、
「支障がある方もいると思いますので、後ほどお一人お一人にコーディネーターから連絡をします」
とありました。

困るって伝えなくちゃ!と思っていたのですが、
メールがあったランチの午後の業務の時、初めて話をする面識がないコーディネーターから呼び出されました。

「一応、皆さんには11月で業務終了とお伝えしているのですが、実は少しここの業務が残るんです。それをしていただけないかと思いまして」
「やります」と私は答えました。
「その話は決定なんですか?」
と聞くと、
「いえ、まだ決定というわけではなくて、これから選考になります」
ということでした。

そして数日後、また呼び出され、
「あの話は他の方に決まってしまいました」
と言われたので、
「ところで、有給休暇が残っているんです。現金でもらえるという話があったのですが」
と聞いてみると、そのコーディネーターが奥にいる上司?に確認しに行きました。
「そんなん、やれるわけないだろーが!」
という声が聞こえてきました。
コーディネーターが戻ってきて言いました。
「すみません、○○さん(私の名前)のケースは、現金で支給はないそうです」

––他の仕事を探そうと思いました。
なんていうか、もうこの環境は意味不明。

とにかく2週間、仕事がなくなるのは困るんだから、他の仕事を探そう。

結局、「お一人お一人にコーディネーターから連絡」というのは、私のところにはありませんでした。
他の人に決まった業務の話が、”連絡”だったのでしょうか。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-派遣社員
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひどかった面接の思い出:金融系派遣社員(契約社員)

思い出してしまった、ひどかった派遣の面接のお話を書きます。 もしかして待遇は、派遣社員ではなくて、契約社員だったかもしれません。 そして、もっとひどい面接もあった気がしますが、とりあえずこの時のことは …

no image

派遣社員になる(24)

そのデータ入力の業務は3か月の業務でした。 クレジットカードの新規登録者の入力で、 とにかく秒単位で、スピーディーに正確に入力しなくてはいけない仕事でした。 ていねいに確認しながら入力したいというスタ …

no image

派遣社員になる(20)

仲良くしてもらっていた派遣スタッフにも相談もして、 2週間延期になった業務は、再度の電話で断ることができました。 前回の電話の時のように、「困るんですよね!」と言われることもありませんでした。 結局、 …

no image

派遣社員になる(15)

なぜ、ほかのスタッフにはあった異動の話が、私にはなかったのか。 私はほぼフルタイムで働いていたため、SVさんから、いろいろな業務を教えてもらっていたんですね。 同じ時給で、なぜ私がこんないろいろな業務 …

no image

派遣社員になる(9)

ダブルワークで少しだけやった、直雇用で採用された「建築現場での点検作業」について触れておきます。 派遣スタッフで就業した時に、結構楽しめたのと、仕事も覚えたこともあり、 直雇用の募集を見つけたので応募 …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク