自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

日々 思うこと

桜のように生きたい。

投稿日:2012年4月7日

お花見シーズンになりましたが、

先日、桜についてのお話を伺い、

「私は桜のように生きたい」

と思いました。



スポンサーリンク

花を咲かせる短い期間のために

「桜っていうのは、根がとても大きいんだよ。

花を咲かせて人から注目される時期は短いかもしれないけれど、

花が咲いていない間、ずっと大きく張った根から力を蓄えているんだよ。

短いけれど、満開の花を咲かせる時のために」

 

――この時期、満開の桜は人々の心を惹きつけ感動を与えていると思います。

でも、桜はこの時期だけ頑張っているわけじゃなくて、

この時期のために、花を咲かせるために、

普段から努力をして、力を蓄えているのです。

花が咲いていない、見た目から言ったら地味で目立たないときだって努力をしているのです。

 

桜についてのこんなお話を聞いて、もう一度書きますが、

「私も桜のように生きたい」

と思いました。

「努力」という言葉は嫌い

満月と桜の風景、最強^^

私は「努力」という言葉が嫌いです。

「努力」することが嫌いなのではなく、「努力」という言葉が嫌いです。

何故なら、「努力」という言葉だけで、満足してしまいそうな、やったことに対しての見返りを求めてしまいそうな気持ちになるからです。

 

それよりも、努力するのなんて当たり前だと思っています。

それが些細なことであれ、大きな夢であれ、

やりたいことのために、

または、やりたいのに実現が難しいことのために、

努力するのなんて当たり前。

それを何を大げさに「私は努力します!」とか「努力している!」なんて思う必要があるのだろうと。

 

日ごろの積み重ねが底力になるのでしょう。

だから、日々、頑張っていくのは当たり前。

底力を感じさせるような花を咲かせたい

でも、今回、それだけで終わりじゃ嫌だなって思いました。

「桜のように、花を咲かせる日がくればいいな」

って。

 

そして花を咲かせたときに、

その場だけの勢いで咲いているのではなく、

簡単には折れない、それまで培ってきた底力を感じさせるような、

そんな花の咲かせ方をしたいなって思いました。

 

自分だけが満足するのではなく、

満開の桜のように感動を、いい影響を与えるような咲き方がしたいです。

もっと本音を言えば、

桜ほど華やかでなくてもいいです。

底力を付け、それを活かせるような生き方がしたいです。

 

今年は桜を見ながら、短いけれど満開の花を咲かせている桜の底力をも感じたいと思います。

さて、森山直太朗さんの「さくら」です。

どの映像も感動的で、迷ってしまいました。

また生で聴きに行きたいな♪

 

あなたの”一生懸命”を応援します☆
書いて描いて弾いて占います。
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-日々, 思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いこんでいるセルフイメージは間違っているかもしれません

「自分って、こういう人なんだよね」と思っている、自分自身のイメージ。 疑問も持たずに思いこんでいるそのセルフイメージは、もしかして間違っているかもしれません。 私自身の体験を綴ってみます。 スポンサー …

認知のゆがみが、気づきにくい善悪判断の間違いにつながる

「これが正しいでしょ」 と思ってしていたことが、実は間違っていて、イヤな印象を与えてるってこと、あります。 これって、なかなか人から指摘されることもありません。 親しい仲なら「そういうところ、直したほ …

気合が空回りする原因と対策について考えた

どうも自分には「よっしゃー!」と気合を入れてやったことほど上手くいかず、 なにも考えずにやったことが、思いのほか評価されるという傾向があります。 子供の頃からの傾向なのですが、いい大人になった今でもあ …

「真面目ですね」は誉め言葉じゃない?見られたいイメージは決まっている

  以前、よく会う機会があった方(男性)は真面目なイメージでした。 だから周りから、 「真面目ですね」 と言われることが多かったんです。もちろん誉め言葉として。 ところが本人は、誉められてい …

「悔しい」ときは、自分を知るチャンス?

「悔しい」と感じるときは、自分を知るチャンスだといいます。 なにに対して「悔しい」のか、「悔しい」と思うことこそ、自分が得たいと思っているものなのではないかって。   自分にはあまり闘争心が …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク