Lifework〜ライフワークで暮らす〜

あなたの”一生懸命”を応援します。私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

ごめんなさいNちゃん、あの時の秘密は誰にも言ってないよ

投稿日:

小学生の頃。

同級生の友達がいた。

あだ名は、名字を逆読みして、頭文字だけいうと、「Nちゃん」。

家も近所でよく一緒に遊んだ。

でも私は彼女を傷つけてしまった。



スポンサーリンク

Nちゃんの家はお蕎麦屋さんの近く

Nちゃんの家は路地に入るお蕎麦屋さんの近くで、私の家は路地をずっと入っていったところだった。

お互いの家に行き来したりもしていた。

Nちゃんにはお兄ちゃんがいて、確かご両親は共働きでいつも家にいなかったような気がする。

Nちゃんには、なんでも話せた。

 

例えば、私が描いた絵が、誉められたことがあった。

担任の先生が、クラスのみんなの前で誉めてくれたのだ。

でもクラスには絵が得意な男子がいて、私の絵が誉められたことを良く思わないクラスメイトがいた。

「お前の絵のほうが上手なのにな」

絵が得意な男子に言っている声が聞こえてきた。

転校生だった私は、なるべく波風を立てたくないと思っていたから、絵を誉められてうれしかったというより、誉められたくなかったという気持ちになってしまった。

Nちゃんは私に、

「良かったね、絵が誉められて」

と無邪気に言ってくれた。

私は、

「イヤなの、誉められないほうが良かった。もうその話はしないで」

とNちゃんに返した。

Nちゃんは察してくれて、

「うん、わかった」

って言ってくれた。

親から「Nちゃんと関わるな」といわれる

Nちゃんは親友といえたと思う。

それなのに、何をして遊んだのか覚えていない。

たぶん学校のプールに一緒に通ったり、夏休みに市民プールに遊びに行ったりしていたかも。

楽しかった思い出、たくさんあるはずなのに、記憶の中から消えてしまっている。

それはきっと、そのほかの記憶が強烈すぎるから。

 

ある時、親から、

「もうNちゃんとは遊ばないように」

と言われた。

なんでかわからなかったけれど、小学3年生か4年生頃の私にとって、親の意見は絶対。

もうちょっと大人になっていたら、自分で判断ができたのに、と悔やまれる。

でも、私はNちゃんと遊び続けていた。たぶん、親にはバレないように。

Nちゃんから秘密を打ち明けられる

「Nちゃんとは遊ばないように」

という理由は、差別的なものだったと思われる。

 

その噂が近所で広まっていたのか、それをNちゃん自身も感じ取っていたのかわからないけれど、ある日、私はNちゃんに秘密を打ち明けられた。

 

そのときの風景を覚えている。

たぶん、放課後。夕暮れ時。

場所はどこか覚えていないけれど、Nちゃんは私からちょっと離れたところにいて背中を向けていた。

これは秘密なんだけど、

と話してくれたと思う。

私には話しておく、みたいな感じで。

 

Nちゃんは、差別されている理由を話してくれた。

私は親から言われていたこともあって、薄々気づいていたけれど、初めて聞くふりをした。

「絶対に、そうなの?」

と聞くと、

「うん・・・」

と返ってきて、

「そっか・・・」

と頷く。

「誰にも言わないで」

というNちゃんに、

「誰にも言わない」

と約束した。

「あの秘密、言っちゃうよ~」とからかう

だけど、私の性格の悪さったら。

秘密を打ち明けられてから、何度か、何かの拍子に、

「あの秘密、言っちゃうよ~」

とNちゃんをからかっていた。

もちろん、言うつもりなんて全くなかった。

悪ふざけ。冗談のつもりで。

 

ある時、Nちゃんがキレた。

「そんなに言いたいなら、言えばいいでしょ!」

それを境に、私はNちゃんをからかわなくなった。

Nちゃんはちょっと離れた小学校に転校した

その後、Nちゃんはひと駅離れた家に引っ越していき、小学校も転校。

会えないほど遠くに越したわけではないので、頻繁に連絡が来た。

会おうよ、遊ぼうよって。

近所に住んでいた時は、Nちゃんに会っていても親にはバレなかった。

学校も一緒だったし、普通に生活していても会えたから。

だけど、小学校が違うと、一緒に遊ぶとしたら、会う約束をしなくてはならない。

小学生の私は、遊びに行くときは、誰とどこに遊びに行くのかを親に報告していた。

Nちゃんに会うというと反対されるので、2人で会わずにほかの友達も誘った。

誘われても断ったこともあったかもしれない。

Nちゃんは気づいてしまう

私の態度がおかしいことに、Nちゃんは気づいたと思う。

自分と2人では会いたくないんだねって。

もしかしたら、私からも”差別”されていると感じたかもしれない。

そんなことはなかった、Nちゃんは大切な友達だったけれど、とにかく小学生の私は親に歯向かうなんて考えられなかった。

 

Nちゃんから連絡は来なくなった。

会うこともなくなった。

それきりだ。

Nちゃんがその後、どうしたのか、どこの中学に行ったのかすらわからない。

連絡を取り合おうということにもならないまま、月日が過ぎた。

 

でも、ずっと私は罪悪感を抱えている。

大切な友達を傷つけてしまった。

Nちゃんは、今でも覚えているだろうか。

もしかしたら、私との思い出は傷になっているだろうか。

 

ごめんなさい

ごめんなさい

大切な友達だったのに、傷つけてしまってごめんなさい

 

本当は会いたかった もっといっぱい2人で遊びたかった

 

少し成長してからも、会おうとする努力もしないでごめんなさい

 

Nちゃんは怒っているかもしれない。

Nちゃんは会いたいとも思っていないかもしれないね。

 

でもね、ひとつだけ。

あの時の秘密、誰にも言ってないよ。

これからも絶対、誰にも言わない。

 

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マニュアルを求めすぎてはいませんか?心を使って判断しよう

以前書いた記事を思い出したので、リライト。 2012年に書いた記事なのですが、どうも現代人は、なんでもかんでもマニュアルに頼りすぎているような気がする、それは違うのではないかと思ったお話。 スポンサー …

お金が一番大切なものじゃないなんて、わかっているさ

ぶーちゃん、かわいい…… 以前、ブログの中で、いつも同じような発言をしている人がいました。 「日本人は、お金が第一だと思っている。お金最優先。でも、発展途上国の人たちはみんな純粋。お金なんか大切にして …

自分を苦しめている自分

私は占い師もやっているので、いろいろな方のお話を伺うこともあります。 占い師は守秘義務があるので、細かくは書けません。 でもその人がその人であるがゆえに悩んでいることが多々あります。 個性(性格、物事 …

「経験」は最高の教科書である

最近はクラウドソーシングをしながら四苦八苦していますが、 なんだかんだ言っても、絶対的な「正解」はないし、それぞれの状況、それぞれの立場でやるべきことは違うのだと思います。 そして、自分にとって何が正 …

Webライティングの道を進むのか、自問自答してみた結果

クラウドソーシングを知ったのは、去年(2017年)3月末。 派遣の契約切れで失業していた私は、未経験からWebライターとして活躍している人たちの体験談を見て、 「挑戦してみよう!」 と希望の光が見えた …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

<script>