Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

自費出版する

本作り計画(14)

投稿日:2017年5月12日

続きです。
出来上がり直前編です。

************

(2005年6月30日)

たぶん出来上がり直前になっているかと思われますが(まだ確信がもてない;)、
一通りやってきて、思うこといろいろです。

なにしろ初めての経験だったので、ホント~にいい勉強になりました。

そして反省点もいくつか。

前回、最終の打ち合わせをしたことを書きましたが、あれは打ち合わせから数日後に書いたんですね。

あの時は、あとはできるのを待つだけだ~って思っていたのです。
「もう私がすることはありませんよね」
って確認もしたし。

その後、そろそろ出来上がり日の連絡がくるかな~なんて思っていたら、担当者から一通のメールが。
「ページ数の都合で6ページ白紙ページになりますが、本の最後にもってきていいですか?」
と。

は!?

本のページ数は印刷の都合上、ある程度、決められているそうなのです。(32の倍数)

最初100ページくらいでおさまるかと思っていたのですが、ページ数を出してもらったら160ページがいいでしょうということで、ページ内におさまるようにと思いながら作っていたのです。

無事におさまったということで安心していたのですが、まさかあまることになっていようとは!

販売されている本だと、そこに広告などを入れるそうなのですが、私の本の場合、広告はないし。

しかし6ページといえば3枚。
3枚白紙は不自然でしょうっ?

もっと早めにわかっていれば、バランスよく何かを入れたりする工夫もできたのですが、
もう出来上がるかと思ってるところに3枚白紙ですって言われても……。

もちろん、言われてから、その空白ページに何かを入れることもできたと思います。

でもそこから考えてたら、また時間がかかってしまう……
そろそろ出来上がるかと思っていたところだったのに……

それで、
「白紙3枚をまとめて入れるのは不自然なので、分散させてください」
と連絡。

そして待つこと数日。

6月中に出来るってことだったけど、本当に間に合うのかなあ……
ちょっと問い合わせてみようかなあ……
と思っていたら、納期の連絡メールが。

それは本の出来上がりが7月初めになるとの内容でした。

は!?
だって発行日だって6月にしたのに!
7月になるのだったら、7月の発行日にしたのに!

細かいことかもしれませんが、これでは出来上がったと同時に2週間近く前に発行された本のようになってしまうではないですか!

そんなこんなで動揺しましたが、思い直して反省しました。

きちんとページ数チェックをしなかった私がいけないんだ、
きちんと「いつまでに絶対仕上げてください」と伝えなかった私がいけないんだ、と。

今回の本は自費出版。
全部、自分でやるのは当たり前。

出版社に任せて安心しているのではなくて、ページ数チェックだって自分できちんとやっていれば、ページがあまることにも気付いたはずだし、これだけ日数があれば出来るだろう、などと勝手に安心していないで、納期はきちんと伝えるべきだったんだ。

本当に、いい勉強になりましたー

************

つづく。





↓ポチっとよろしくです!

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-自費出版する
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本作り計画(3)

当時の記述に少し加筆、訂正しています。 *********** (2005年4月7日) 私は決して「共同出版」を否定するつもりはありません。 本を出したい人がいて、それをかなえてくれる出版社がある。 …

no image

本作り計画(5)

続きです。 当時の記録にちょっと加筆訂正。 *********** (2005年4月20日) 手作り感を出すために「落書き風イラスト」をいくつか入れようと思ったけれど、 1点につき1000円ということ …

no image

本作り計画(15)

続きです。 完成!編です。 *********** (2005年7月6日) ご報告が遅れましたが、先週末、手元に本が届きましたーーーっ! 納期が本の出来上がりギリギリだったので、印刷所から直接、紙に包 …

no image

本作り計画(4)

前回の続きです。 ************ (2005年4月10日) 自費出版をしてくれる会社に話を聞きにいく。 最初はメールで問い合わせをして、費用も安いし、しっかりした会社みたいだし、ここの会社で …

no image

本作り計画(1)

投稿を繰り返していたら、某出版社から、 「あなたの作品は入選はしませんでしたが、出版する価値がある」 というような(文章の記憶はアヤフヤですが)手紙が届きました。 そういう作品を出版する方法があるのだ …