Lifework.com 〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

自費出版する

本作り計画(15)

投稿日:2017年5月13日

続きです。
完成!編です。

***********

(2005年7月6日)

ご報告が遅れましたが、先週末、手元に本が届きましたーーーっ!

納期が本の出来上がりギリギリだったので、印刷所から直接、紙に包まれただけのような状態で届きました。

そして……、開封。

私はかなり期待していました。
初めての自分の本を見た瞬間、どんなに感激するだろうか……って。

が……、
包みを開けて、表紙を見せて並んでいる本を見た瞬間――、
正直な私の感想は「愕然」でした。

そうです、期待があまりにも大きすぎたのです。
本の出来上がりが悪かったわけではありません。

装丁がシンプル過ぎだったりはしますが、
「シンプル イズ ベスト」
と思っていた私は、シンプルにしたかったわけなので、自分が作った通りに出来上がっていたのですが――

やはり、期待が大きすぎたのだと思います。
自分が作った以上の、素晴らしい出来上がりになると、何故か思い込んでいたのです。

そして感激よりも反省点ばかりが頭に浮かんでしまいました。

とはいえ、本の紙質はしっかりしていますし、製本もしっかりしています。
やっぱりちゃんとした出版社を選んでよかったなって思います。

とりあえず、近しい人や、お世話になった方々に発送準備。

いきなり送っても失礼かと思い、了承をとってからにしているので、いっぺんには出来ない作業です。

近くの図書館に寄贈。
これは、以前問い合わせをした時にも確認したのですが、
「必ずしも(図書館の)棚に並ぶとは限らない」
そうです。
使い道は図書館におまかせになります。
棚に並ぶ可能性は低いかも。
しばらくしたら、図書館に見に行ってみようかなあ。

まだ出版社とのやり取りも続いており、落ち着きがない日々なのですが、すごい勢いで読み終えてくれた、作成前段階から良きアドバイスをくれた友人が、
「よかったよー」(本当はもっと詳しく)と、感想をくれたので、ホッとしました。

もう、自分ではいいのか悪いのか、全然わからなくなってしまっているのです。
何度も何度も読み返してチェックしていたので。

それでも突っ込みどころはある物語ではありますが……。

まあ、とにかく反省点もいっぱいですが、いい経験になりました。

と、作って終わりではなくて、これからこの本を少しでも多くの方々に読んでもらうために行動していかなくてはなりません。

読んでもらえてこそ、本というものだと思うので。

***********

後日談につづく。





↓ポチっとよろしくです!

にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-自費出版する
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本作り計画(1)

投稿を繰り返していたら、某出版社から、 「あなたの作品は入選はしませんでしたが、出版する価値がある」 というような(文章の記憶はアヤフヤですが)手紙が届きました。 そういう作品を出版する方法があるのだ …

no image

本作り計画(8)

つづきです。 ********** (2005年5月11日) もうひとつ確認しなければいけないことがありました。 物語の中に、サッカーが好きな登場人物がいるのです。 その登場人物自体にモデルがいるわけ …

no image

本作り計画(5)

続きです。 当時の記録にちょっと加筆訂正。 *********** (2005年4月20日) 手作り感を出すために「落書き風イラスト」をいくつか入れようと思ったけれど、 1点につき1000円ということ …

no image

本作り計画(7)

続きです。 ********** (2005年5月7日) さて、次の問題。 普段はあまり気にしていないと思いますが、書店で売られている本にはバーコードが2つついています。 日本図書コードと書籍コード。 …

no image

本作り計画(12)

続きです。 ********** (2005年6月15日) 前回送られてきた表紙の初校は、色の濃淡がついていないベタのものだったのですが、 今回はきちんと濃淡がつけられたものが送られてきました。 それ …