Lifework〜ライフワークで暮らす〜

好きなことを仕事にするためやってきた体験などを綴ります。私のライフワーク”伝えること”で、体験が少しでもお役にたてたらと思っています。

自費出版する

本作り計画(7)

投稿日:2017年5月7日

続きです。

**********

(2005年5月7日)

さて、次の問題。

普段はあまり気にしていないと思いますが、書店で売られている本にはバーコードが2つついています。
日本図書コードと書籍コード。

書籍コードというのは流通する本につけなければいけないコードらしいのですが、
まあ、販売するつもりがない私が作ろうとしている本には必要ないかな、と思いました。

日本図書コードはつけなくてはいけないと決められているものではないのですが、
図書館などでもこのコードで管理されていることがあり、出来ればつけたほうがいいということでした。

登録するには費用がかかりますが、
「一応、登録しようかな」
と思いました。

が!

登録するとしたら、私の場合、個人名で登録するしかありません。
そして登録すると、ホームページ上などで個人情報(名前、住所、電話番号など)が公開されてしまうのです。

これだけ個人情報に神経質になっている時代に、お金を出して自ら個人情報を公開する必要はないでしょう・・・。
会社名などで登録するならまだしも・・・・。

そこでコードを取得する管理センターに問い合わせをしてみました。
「個人で登録する場合、個人情報を公開しないようにすることはできないのですか?」
と。

回答。
「登録した情報は名簿に載ります。ホームページ上でも公開されます。
それが出来ないのでしたら、登録は難しいです」

登録するのやーめた、と思いました。
理由は……、用心に越したことはないからです。 って私、用心深すぎですか??

ちなみにいくつかの図書館に問い合わせをしてみました。
「自費出版で図書コードがついていない本でも寄贈できますか?」と。

多くの回答は、
「できますが、受け取った本をどのように扱うのかはお任せになります」
でした。

つまり、必ずしも棚に並べられるとは限らない。
図書館経由でどこかに寄付するかもしれないし、何かのイベントの時に販売するかもしれない、ということ。
寄贈した先はどうなっても、何かに役立ててもらえるならばそれでいいかなと思いました。

**********

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-自費出版する
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本作り計画(4)

前回の続きです。 ************ (2005年4月10日) 自費出版をしてくれる会社に話を聞きにいく。 最初はメールで問い合わせをして、費用も安いし、しっかりした会社みたいだし、ここの会社で …

本作り計画(16)後日談

自費出版の体験記は今回で終わりですが、 後日談を書いておこうと思います。 「読んでもいいよ」、「読みたい」と言ってくれた友人、知人に読んでもらいました。 私が漫画を描いていたころからの友人からは、 「 …

本作り計画(2)

前回の、神社でおみくじを引いた翌日、 私は某出版社に、話を聞きに行きます。 引き続き、当時の記録をそのまま転載します。 ********** (2005年4月4日) 自分が書いた小説を「本」という形に …

本作り計画(13)

続きです。 ************ (2005年6月19日) 表紙の再々校が送られてきました。 基本色をエメラルドグリーンにしたもの。 そしてタイトルの書体を変えたもの。 私が色見本としてつけたのは …

本作り計画(1)

投稿を繰り返していたら、某出版社から、 「あなたの作品は入選はしませんでしたが、出版する価値がある」 というような(文章の記憶はアヤフヤですが)手紙が届きました。 そういう作品を出版する方法があるのだ …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール