Lifework〜ライフワークで暮らす〜

あなたの”一生懸命”を応援します。私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

そのアドバイス、するべきですか?伝わらないならやめておく?

投稿日:

本人が気づいていないのであろう、あまり良くないことについて、アドバイスとして伝えるべきか、伝えても意味がないのかは悩むところです。

「本音で語り合いたい」と、前に書いたのに、こういうことで悩むのは矛盾しているかもしれませんが。

相手との関係性にもよります。

「言ってみても意味ないかなあ」

と思うときもあります。

今回は、「気付いているなら、アドバイスを伝えたほうがいいのか」について、思うことを書きます。



スポンサーリンク

伝えたら、100万倍くらいの激しい反撃を受けた例

その人にそのことを伝えられるのは私しかいないし、本人は気づいていないようだし、「これは伝えておこう」と思ったことがありました。

そのことを気づかずにしていると、今後、傷ついてしまう人がいるかもよ?

というような内容です。

 

でも、責めていると誤解を受けそうと思ったので、「責めているわけではない」などなど、誤解されそうなことについて、詳しく前置きをしました。

 

ところが、返ってきたのは――

「こんなふうに誤解されないといいな」と予想した何倍もの誤解をしていて、その上、もんのすごい、それこそアドバイスしたことの100万倍くらいの勢いで、反撃の言葉をぶつけられる結果に。

100万倍っていうのは言い過ぎか、100万倍以上といっても過言ではないかもしれませんが、要するに、それくらいの勢いでした。今でも反撃された言葉が突き刺さっているくらいです。

 

そのときに、

「同じ日本語を使っているのに、こんなに通じないんだ」

と思いました。逆に、違う言語を使っていたって、わかり合おうという気持ちがあれば、もう少しわかりあえるのではないかと。

 

結果的に、残念なことに私の真意はまるで伝わらなかったと思います。

でも伝えなければ良かったと思っているかというと、伝えて良かったと思っています。

なんでかっていうと……、うーん、一言では表現しづらいのですが、”距離の取り方がわかった”というようなことでしょうか。

アドバイスしてもらえて、ありがたかった例

次に、私がアドバイスを受けた話です。

ある時、ある場で、おもしろおかしく体験談を話しました。

「頭にきて、プチっと切れちゃったんですよー」

などという表現を使ったのだと思います。

その場にいた方たちも、和やかな雰囲気で聞いてくださっていました。

ところが――。

 

帰り道で、先輩の男性に何気なく言われたんです。

「あの……、あの表現はどうかな? プチッと切れるとか。聞き手のことも考えると」

ハッキリとではなく、やんわりとした指摘だったと思います。

でも、ハッと気づきました。

話をした場には、脳梗塞で半身が不自由になってしまった方がいました。

私ったら、なんて心遣いに欠ける表現を……。

 

その方に責められたわけではないし、その方もみんなと一緒に笑ってくださっていました。

でも、その指摘、本当にありがたかったです。

言われなかったら、私はずっと気づけずにいたかもしれません。

そして同じようなことを繰り返してしまい、誰かを傷つけてしまったかもしれません。

最近、伝えるかどうか迷ったこと

最近、伝えるかどうか迷ったことがあります。

ご本人は気づかずに良かれと思ってやっていることだけど、それだと傷つく人がいますよっていうような内容。

伝えるかどうか迷ったので、詳しそうな人に相談しようかとも思いました。

 

でも結局、相談もアドバイスもしていません。

その方の言動から、「真意が伝わらなさそうだな……」と感じているからです。

真意が伝わらず、つまり目的が果たせず、反撃を受けるのは、もうコリゴリ。

 

だけど、あらためて思いました。

アドバイスしてもらえるのって、ありがたいことだと思いません?

気づかずにやっていることが周りの気を悪くさせてしまうことなら、さりげなくでも指摘してもらえるの、とってもありがたいことですよ。

見て見ぬふりされて、「あの人、感じ悪いね」って陰で言われることの方が悲しい。

 

悪意のある攻撃を真に受ける必要はないですが、有益なアドバイスは素直な気持ちで受け取るほうがいい。

そのためには言ってもらえるキャラでいることも大切ですね。

ダメなことはダメと、愛あるアドバイスをしてもらえる人間関係を築くことも、とっても大切。

しかし物事に「正解」はない

ただ、物事に絶対の正解はないんですよね。

アドバイスと思ったことが、自分勝手な思い込みのこともあります。

「見当違いかもしれないけれど」ということも含めて、伝えるべきかどうかは本当に悩むところです。

結果的には、やはりアドバイスしあえるような信頼できる人間関係を築くということでしょうか。

そこで、それが○なのか×なのか共に話し合える仲ならば、最高☆

 

流れを変える、意識を変える☆
書いて描いて弾いて占います。
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋を実らせたかったら絶対言っちゃダメ!「オトコノキモチ」

さて、ハロウィンも終わり、次のイベントはクリスマス。(早いけど) 「クリスマスまでには恋人を!」 と思っているシングル女性もいるのではないでしょうか? そんな悩めるシングルガールに、女性の私なのに、 …

はじめの覚え方がその後を左右する「右と左の覚え方」

皆さんは、どうやって「右」と「左」を覚えましたか? 小さいころに覚えたと思われますが、その覚え方はどのようなものでしたか? どうやら最初に覚えた「右」と「左」の区別の仕方が、その後の生活の中で「右」「 …

誤解をとく努力は必要ですか?不要ですか?

「そうじゃないのに!」 「なんでそんなふうに、とられるのかな?」 思いもよらない誤解をされてしまうことってあります。 そんな場合、誤解をとこうとする努力は必要なのでしょうか? どうせわかってもらえない …

こんなとき、どうする?「その判断をする心は貧しくないですか?」

何年も前の経験、リライト。 この感覚、今でもずっとテーマですね。 どうなんだろう、そういう状況に遭遇しないとわからないということもあると思いますが。 スポンサーリンク Contents 仲間うちで出た …

嘘が嘘を呼んでしまったお話

すべて本当のことを話さなくてもいいと思いますし、やさしい嘘というのもあるのはわかっていますが、今回は嘘が嘘を呼んでしまったお話。 ちょっとした嘘をついたことで、嘘を重ねることになってしまった思い出です …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク