ライフワークで暮らす

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

誰かのためとか自分のためとかじゃない、誰かのためは自分のためだよ

投稿日:2018年6月28日

「お年寄りに席を譲ったから、良いことあるかなあ」

「自分のためにしかがんばれないタイプと、誰かのためにしかがんばれないタイプがいる」

というような話を聞くたびに思ってしまいます。

誰かのためとか自分のためとかじゃない、

”誰かのため”は”自分のため”だよ!



スポンサーリンク

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」ということわざをご存じでしょうか?

情けをかけると、その人のためにならない、

だと誤解されていることも多いのですが、間違った解釈です。

このことわざの意味は、

物事は巡り巡って戻ってくる、人のためにしたことは、自分のところに戻ってくる

だから、人に情けをかけるのは自分のためでもあるんですよ、

という意味です。

高校生のころに話していたこと

高校生のときに友人としていた話を覚えています。

「嫌なヤツって、いつか痛い目に遭うっていうけどさ。いつかなんて来ないんだよね。嫌なヤツはずっと嫌なヤツで、要領よくうまくやっていくんだよ」

そのときは本当にそう思っていました。

ところが、その後、気付きました。

因果応報は、ある。

誰かにやったひどい仕打ちは、その当人から直接返ってこなくても、巡り巡って戻ってくる。

だから、誰かを罵倒するのは、自分を罵倒しているのと同じ、

誰かを罵るのは、自分に対して罵っていることなんです。

そう考えるようにすると、罵倒する言葉なんて出てこなくなります。人のことは平気で傷つけるのに、自分は傷つきたくない人が、残念ながらいることも確かなのですが。

以前書いたブログ「個であること、宇宙の一部であること」

以前書いたブログです。

リライトしようかなと思いましたが、当時、コメントも頂いているので、このままにします。

 

内容を要約してみます。

「個であること」「宇宙の一部であること」

両方のレベルで考えることが大事。

 

個のレベルで考えると、自分の人生が一大事。

生まれてから死ぬまで、何をやって、誰と過ごして、何を目指していくのか。

 

個のレベルで考えることも大切です。

でも個のレベルだけで考えていると、行き詰まることがあります。

 

そんなときは、宇宙レベルで考えてみるようにしましょう。

宇宙レベルで考えると、自分の存在は本当に小さな小さな宇宙の細胞のひとつ。

必然的に生まれてきて、役目を終えて消えていく。

宇宙レベルで考えると、

「自分はひとりぼっち」

などと考えることもおかしくなる。

だって、宇宙の一部なのだから。

 

どちらの目線で考えるのが良いというのはでなく、「個のレベル」「宇宙レベル」、両方の目線を持つことが大切。

もっとわかりやすい例をあげてみます

例えば、ある人の右足が痛いとします。

痛む右足をかばうために、左足に負担がかかります。

しかし負担がかかりすぎると、左足も痛くなってしまいます。

足をかばうために、体のほかの部分にも負担がかかってきます。

体は痛む部分をどうにかしてかばって、バランスをとり、その人が過ごしていけるようにします。

 

――ね?

左足ががんばるのは、右足のためだけじゃないんです。

体のほかの部分ががんばるのは、足のためだけじゃないんです。

どうにかして傷んでいる部分をかばいながら、バランスをとって、その人が過ごしていけるように、存在していけるようにしているんです。

バランスが崩れたら、その人自体の存在も危うくなります。

その人自体が存在しなくなったら、体の全部分、存在しなくなります。

 

つまりは、そういうことなんだと解釈しています。

私たちは、大きな地球の、宇宙の一部です。

誰かのためも、自分のためもない。

自分も誰かも含む、大きなものの存在を守るために支え合っているんです。

「誰かのため」という考え方が嫌い

ハッキリ言ってしまうと、”誰かのため”という考え方が嫌いです。

自分のやったことが、結果的に誰かのためになって、喜んでもらうことができたら、うれしいじゃないですか。

”誰かのためにやってあげた”というよりも、「やらせてもらって、ありがとう」ですよ。

それを”やってあげた”なんて、恩着せがましい。上から目線か!(と、突っ込みたくなる)

 

最近、よく「誰かのため」「自分のため」ということを目にするので、意見を述べたくなりました。

誰かのためとか自分のためじゃない、

誰かのためは自分のためです!

そもそも「誰かのため」「自分のため」という分け方にも違和感を覚えています。

※追記

追記したくなりました。

例えば、「あなたのために××をしてあげました」と言ったって、相手がその「××」をしてもらうことを望んでいるかわからないじゃないですか。

それなのに「してあげた」なんて思われるのはイヤなものです。

良くあるのが、親が子供を「育ててあげた」。

そんなことを言われたら「産んでくれって頼んでないよ!」という、荒んだやり取りになってしまいます。

それよりも、「生まれてきてくれてありがとう」「育ててくれてありがとう」のほうが、いいですよね。

そういうこと!

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットワークビジネスに不信感を抱いてしまう理由

ネットワークビジネスをやっている知り合いがいます。 勧誘されたこともあります。 でも、ネットワークビジネスをやりたいと思ったことはありません。 むしろ不信感を持っています。 今回は、ネットワークビジネ …

「見返したい」気持ちに翻弄されていませんか?

悔しい想いをして、「見返してやる!」と奮起すること、ありますよね。 「見返したい」パワーで、なにかを成し遂げることもあるので、否定はしません。 でも、「見返したい」気持ちに振り回されて、本当の自分の望 …

「私(わたし)」を多く使うのは自己顕示欲が強い証拠?

会話の中で「私」という言葉を多く使っていたことがあったらしい。 例えば、 「私は、××と思う」 というふうに。 「”私”って言葉を使うの止めなさい!」 注意を受けて、初めて気づいた。え? そんなに「私 …

「妬み(ねたみ)」という感情

私は基本的に「人は人、自分は自分」と考えるので、人と自分を比べる考え方はしません。 でも例えば、自分が目指していて手に入らなくて、もがいているものを、誰かが、いとも簡単にゲットしている姿をみたら、落ち …

日常の些細なことから物語を創り出す思考術

個人情報を扱う仕事を(も)しています。 そこで書類に記入してある名前が間違っていたということがありました。 仮に「マサヒコ」のところ「マサコ」と書いてあったということにします。 書き込む人が頭の中で「 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク