Lifework〜ライフワークで暮らす〜

あなたの”一生懸命”を応援します。私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

「できること」と「できないこと」はどうやって決めるの?

投稿日:2018年9月2日

「できること」と「できないこと」の境界線は、どこにあるのだろう、

「できること」と「できないこと」は、どうやって判断したらいいのだろう、

と悩んだことはありませんか?

私は、あります。

自分では精一杯やっているつもりなのに、できない。

これはもう私にとって「できないこと」なのではないか?

あきらめたほうがいいのではないか?

そのとき、悩んで、悩んで、悩んでいたら、ふと目の前に、こたえが示されたので、今回はそのことを書きます。



スポンサーリンク

もうちょっと頑張れば成功するのか?

例えば、芸人さんでもアーティストでも、

「苦節×年!」

を経て、世に知られるようになった、つまり成功したということがありますよね。

でも、「苦節×年」を経ても、成功しないこともあるわけです。

結果的に、がんばっても成功する日が来ないなら、早めにあきらめて、ほかの道へ進んだほうがいいこともあります。

 

しかし、そのことに力を入れていれば入れているほど、

「じゃあ、何年がんばってダメだったら、あきらめたらいいの?」

と悩むでしょう。

がんばれば、必ず成功するなんて保証はないですから。

しかも、たいしてがんばらなくても、簡単にできているように見える人もいるので。
(人知れず、がんばってはいるのでしょうが)

「できない」と、あきらめてしまったほうがいいのでは?

中々できないことがある場合、

「もうこれは、”できない”と、あきらめてしまったほうがいいのでは?」

と思ってしまうことがあります。

 

いとも簡単に”できている”人もいるけれど、自分には”できない”んだと。

「自分は、”〇〇ができない”んです」

と、そのことが”できない”人になっちゃったほうが、”できない”のに、がんばっているよりいいのでは?

”できない”のに、そのことに向かい合ってたって、時間も気持ちも無駄。

それなら、”できない”と認めて、あきらめて、ほかのことに力を入れたほうがいい。

 

確かに、そう思います。

結果的に”できない”なら、そこに向き合っている時間がもったいないです。

 

しかし、そこで思考はループします。

「だけど、もう少しがんばれば、できるようになるかもしれない。”できない”と、どこで見極めたらいいんだろう?」

と。

「できること」と「できないこと」の判断方法

悩んでいることのこたえを夢中で探していると、ふと、目の前にこたえがあらわれることがあります。

「できること」と「できないこと」を、どうやって見極めたらいいのか、

当時、取り組んでいたことを「できないこと」とするべきなのかと悩んでいた私の目の前に、こたえが示されました。

こたえは、たまたま読んでいた、漫画の中にありました。

ぼのぼの(いがらしみきお著)

ぼのぼの(11) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

ぼのぼの(11) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

いがらしみきお
発売日: 1995/08/28
Amazonの情報を掲載しています

「ぼのぼの」は、ラッコの男の子。

森の動物たちと友だち。

いろいろなことに疑問を持っていて、問いを投げかける。

ある時、ぼのぼのはアライグマくんのおとうさんに聞きます。

「でも、おじさん・・・

どれくらいできなかったら、できないことになるのかな」

この部分を読んだとき、私は、

ひょえーーーーっと、思いました!

私が、まさに私が、疑問に思っていることを、ぼのぼのが聞いてくれている!

アライグマくんのおとうさんが、こたえてくれた!

そして、ぼのぼのの問いに、アライグマくんのおとうさんがこたえます。

「できないことってのはな、

どれくらいできなかったかで決まるんじゃねえよ。

どれくらいやりたいかで決まるものさ」

ひ、ひえーーーーーーーっ!!!

まさに!

まさにまさにまさに!!!!

私が知りたかった、こたえがここに!

たまたま読んでいた、漫画の中に!!

「やりたい」なら、「できないこと」ではない

もしも、すっごくすっごく、できるようになりたいことがあったとして。

100万回挑戦したけど、できなかったとして。

それでも!

そのことをできるようになりたい!と思っているなら、それは”できない”ことではない。

”できない”ことではなくて、”やりたい”こと。

 

やりたくなければ、やめればいい。

できるようになろうとしなくていい。

 

例えば、猫舌で熱いものが食べられなかったとして。

無理に熱いものを食べたくもないなと思っているなら、

「猫舌なので、熱いものは苦手です」

で、いいですよね。

だって、熱いものを食べられるようになりたいとも思ってないのなら、挑戦し続ける必要もないし、食べられないからといって落ち込むこともないでしょう。

でも、「やりたい!(できるようになりたい!)」という気持ちが強いのなら、チャレンジをあきらめる必要はない。

それは「できないこと」ではなくて、「やりたいこと」だから。

挑戦し続けて、できないままで終わることになろうとも、いいじゃないですか。

「やりたいこと」に挑戦し続けたわけですから。

そこまで、やりたいのに、その気持ちを否定するほうが不自然だし、逃げていることになりませんか?

結論:「できること」と「できないこと」の境目は年数や回数では決められない

「できること」と「できないこと」の境目は、

それを何年やったか、

それに何回挑戦したか、

で決められることではありません。

そのことを「どれだけやりたいのか」で決まるんです。(アライグマくんのおとうさんの受け売りですが;)

 

つまり、「できないこと」なんて、ないんですよ。

「できるようになりたいこと」「やりたいこと」と、「できるようにならなくてもいいこと」「やりたくないこと」があるだけで。

 

吾輩の辞書には「できないこと」はない!

なんて、言いきっちゃってもいいですか?(笑)

 

実は、この話は、次に書こうと思っているブログに関係しています。

書くと言いながら、なかなか、書かないこともある私ですが、たぶん、次に書きます。たぶん。

⇒す、すみません。書く予定ですが、次の記事にはなりませんでした。でも近いうちに書きます。書いたら、ここにリンクします<(_ _)>

 

※追記
ただ、ひとつ。「やりたい」けれど、やり続ける状況がきつい場合、やり続ける方法を変えてみる工夫は必要かもしれないです。いろいろな方向から、そのことを見て、自分にとって合うやり方を考えてみること、大切ですね。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

契約書も話し合いも何も役には立たない、大切なのは人間性

仕事では契約書を交わすことがありますよね。 プライベートでは曖昧な部分について、話し合いをして折り合いをつけることがあります。 そして契約書を交わしたり、話し合いで納得しあえれば安心できます。 しかし …

正常と異常の境界線「性格なのか?病気なのか?」

ブライアン・ジョーンズの別ブログで、「正常と異常の境界線 ブライアン・ジョーンズは異常だったのか?」という記事を書きました。 正常と異常の境界線|ブライアン・ジョーンズは異常だったのか?「ザ・ローリン …

エサが無いとモチベーションも上がらない「人間も動物」

動物に躾(しつけ)をするとき、エサで釣る方法がありますよね。 エサが良くないと、そっぽ向かれて、言うこときいてもらえないとか。 エサが良くないと、やる気も失せる、「人間も動物なんだなあ」と、しみじみ思 …

自然にできていることかもしれないが、これが何の役に立つのだろうか

「好き」と「得意」と「需要」を組み合わせると、自分の強みを活かした仕事ができると言われています。 私がほかの人よりも、無意識に、自然に、たくさんできていることがあることのひとつについて、 「うーん、こ …

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク