自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

派遣社員

派遣社員になる(14)

投稿日:2017年6月20日

業務が同じでも、
派遣会社とクライアントが変わってからは、残業はほぼなくなりました。

この時の派遣スタッフへの扱いがひどかったなと思うのは、
例えば、
前から用事が入っているから休みにしていた日について、直前に、
「出勤できませんか?」
と派遣会社のコーディネーターから頼まれたことがあって、
「予定があるので」
と断ったのですが、
「どうしても無理ですか!?」
懇願されて、仕方がないので、
「じゃあ、午前中だけ」
午後休とって、出勤ということになり––、

で、当日、お昼になって帰ろうとする際に、
派遣会社のコーディネーターの姿が見当たらないので、派遣先のSV(スーパーバイザー)の方に断って帰りました。

すると次の出勤日に、
「断りもなく帰った」
とコーディネーターに言われるわけです。

「姿が見当たらなかったので。SVさんには断りました」
と返すと、
「そういう時は、SVさんに頼んで、コーディーネーターを呼ぶようにしてください」
と。

はあっ?

SVさんはクライアントですよ。
クライアントのSVさんに、「ウチのコーディネーターを呼んできてください」なんてお使いみたいなことさせられますか?

あり得ないです!

そもそも休むはずだったのに、頼まれたから出て行ったんですよ。
用事があったのに、早起きして交通費かけて出て行ったんですよ。
しかも無断で帰ったのではなく、直属のSVさんには断って帰ったんですよ。
責められることなど、なにもないじゃないですか!
その時間にいなくなっているコーディネーターのほうが悪いじゃないですか!

ホントにも~
いろいろありました。

そこでの業務は半年くらい続いて、
スタッフの半分くらいには職場の異動の話がありました。

業務が同じなら、通勤を考えると、そちらの職場のほうがラクだったのですが、
私には異動の話はありませんでした。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-派遣社員
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

派遣社員になる(15)

なぜ、ほかのスタッフにはあった異動の話が、私にはなかったのか。 私はほぼフルタイムで働いていたため、SVさんから、いろいろな業務を教えてもらっていたんですね。 同じ時給で、なぜ私がこんないろいろな業務 …

no image

派遣社員になる(20)

仲良くしてもらっていた派遣スタッフにも相談もして、 2週間延期になった業務は、再度の電話で断ることができました。 前回の電話の時のように、「困るんですよね!」と言われることもありませんでした。 結局、 …

no image

派遣社員になる(1)

「派遣社員はいいですよ~」 と言われ、早速、おすすめだと言われた派遣会社に登録に行きました。 面接をして、スキルチェックをして。 こういう仕事がありますよ、というような話になるのかと思っていたのですが …

no image

派遣社員になる(21)

この業務に就いていたのは12月の1か月間だけだったので、仕事をしながら次の仕事を探していました。 いくつか応募して、面談にも行きました。 平日の日中は行けないので、土日か夜間に面談をしてもらえるように …

no image

派遣社員になる(17)

有給休暇も残っていましたが、 現金で払うので、休みは取らないでほしいと言われていました。 11月いっぱいで終わるとはいっても、全員が同時に業務終了ではなく、 グループごとに、順番に業務終了になる、 つ …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク