Lifework〜ライフワークで暮らす〜

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

日々

ペンあるある物語|手書きの良さが見直される時代がやってくる?

投稿日:

先日、「ペンあるある物語」生まれました。疲れてくると、こういうことが生まれてきてしまいます。

せっかくなので、載せておきます。



スポンサーリンク

「ペンあるある物語」

************

「ペンあるある物語」を作詞したので、どなたか興味があれば作曲してください……。
カッコの部分は、コール&レスポンス風に♪

念のために買っておこうと思って、あるのに買ってしまう(ペンあるある)

ペン立てにも、ペンケースにも、引き出しにも、机の上にもたくさんのペン(ペンあるある)

ストックはたくさんあるのに、いざ使おうとするとインクが出ないペンばかり(ペンあるある)

メモやノートには、ペンの試し書きの”ぐりぐり”跡がいっぱい(ペンあるある)

こんなことは無くそうと、使えないペンは整理する(ペンあるある)

残っているペンは使えるペンばかりなので安心(^^♪(ペンあるある)

しかしなぜか、またいざ使おうとすると、インクが出ないペンばかり”(-“”-)”(ペンあるある)

ついでに使おうとすると、固まっているスティック糊ばかり(スティックノリあるある)”(-“”-)”

手書き文字、あるある

パソコンを打つことが多くなり、手書き文字を書く機会が減ってきました。

私も感じますし、周りの人も言っています。

「字が下手になった……」

学生時代などは、ノートにびっしり手書きで文字を書いていました。それが普通でした。

面倒とも思わず、「記憶するためには書くこと」という勉強法もあったように記憶しています。

ところがほとんど字を書かなくなったため、いざ書こうとすると、

「こんなに字が下手だっけ……」

ミミズが這ったような字しか書けなくなっている……。

名前をサインするときに、感じるという人が多いです。

たぶんこれはですね、

あまりに字を書かなくなったため、字を書く筋肉が衰えているのですよ。

時代遅れと言われようが、たまには字を書くようにして、筋肉を鍛えないと!と思います。

綺麗な字を書く人はカッコいい

手書き文字を見る機会も少なくなってきましたが、綺麗な字を書く人はカッコいいなと単純に思います。

字を書くときは、字を書くことのみならず、そこに向かい合う精神、心があって、それって忘れてはいけないのではないかと。

最初に「ペンあるある物語」の中に、”いざ使おうとすると、インクが出ないペンばかり”とありますが、最近のペンは質が下がってきてると感じると同時に、使う頻度が低いからインクが固まってしまうというのもあるのかなと思います。

質の悪いペンをたくさん持っているより、お気に入りペン1本を大切に使うということが大切なのかなと。

手書き文字に向き合う心も忘れずにいたいですね。

↓質の高いペンは老舗で買いましょう↓


 

↓コチラはお世話になっている老舗万年筆屋さんのサイトです。職人技、すごいですよ!

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

搾取されないライターになるために~、を書いた背景にある体験

先日、PENYAさんのサイトで、記名記事を掲載していただきました。 「搾取されないライターになるために大切なクライアントの見極め方」   内容は、クラウドソーシングを利用する初心者ライターさ …

messengerをスマホのホーム画面に表示する小技&機種変しました!

この度、5年ほど使い続けていたスマホの機種変更をしました。 使えなくなるアプリもあるらしく、だいぶ動作も重たくなってきたので、時間ができた本日思いきって機種変更へ!   こういった新しいもの …

しびれの原因は首のゆがみ?現代病でもある頸椎炎を治す方法

パソコンをやるようになってから、肩こり、背中痛、腰痛、目のチカチカが解消されない日々を送っています。 なるべく体調は万全にしたいとは思っていますが、時間がとれないこともあり、充分なストレッチもできてい …

花粉症対策にルイボスティー、でも花粉症は健康のバロメーター?

花粉症です(。-_-。) 今年も鼻と喉がむずむずして、くしゃみが出るようになってきたので、 「ああ、花粉がやってきた……」 と思って花粉対策をすると同時に、 花粉症は健康であるというバロメーターでもあ …

ベランダのセミの死に、人の孤独死を想う

帰宅してベランダに干してあったものを取りこんでいたところ、またまたお亡くなりになっている蝉(セミ)がいました。 「え? また?」 確か3度目になるので、過剰に驚きはしなかったのですが、 「ここのこと、 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク