自由に自分らしく生きていく

ライター、心理カウンセラー・タロット占い、ムビラ弾き♪自由に自分らしく輝きながら生きていく☆ライフワークの”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

失ったものは、本当に必要がないものだったのかな

投稿日:

「きれいにノート、とってるなあ」

高校1年生の頃。

授業中に先生が、私がとっていたノートをのぞいて、感心したように言った。

意識してきれいにノートをとっていたつもりはなかったから、驚いた。

そして、うれしかった。

だから、きっと今でも覚えているんだ。



スポンサーリンク

私がとっていたノート

当時の私は、ノートに何本か色ペンも使って書いていた。

たぶんその色とりどりの様子が、きれいに見えたのだろう。

全然達筆ではなくて、丸文字で。

わかりやすく、楽しみながらノートに書きこんでいた。

 

今回のタイトルにした「失ったもの」とは、例えばこんなふうに、きれいにノートに書きこむことの楽しさ。

パソコン、スマホが普及してきて、文字を手書きする機会はめっきり減った。

私は学生時代からずっと、思ったこと、気になった言葉などをノートに綴り続けているけれど、字がめちゃくちゃ下手になった。

というより、ミミズが這ったような文字というの?

パソコンを打つようなスピードで字を書こうとしてしまい、追いつかないから、ミミズが這う。

それと、文字を書く機会が激減し、文字を書く筋肉が衰えたのだと思う。

だから以前のような調子では、字が書けなくなった。

職場で文字を書く業務があると、少しだけうれしい。

本のページをめくる豊かな時間

小説を読むのが好きだった。

1冊読み終えると、本屋さんに行く。

わくわくしながら「次はなにを読もうかな~」と本棚を眺める。

 

通学、通勤をするときには常にバッグの中に本。

電車の中で読むのが日課だった。

ページをめくり、文字を目で追いながら涙ぐんでみたり、ふっと笑ってしまったり。

あの豊かな時間は、今の私にはない。

 

本を読むとしても速読のような勢いで、内容だけつかんで次へ次へと。

興味を持つものの、読めない本が増えていき、興味を持ったことすら忘れていく。

時間がない。

時間に追われすぎて、追いつくのが精いっぱいで、ゆっくりと読書を楽しむ時間を失ってしまった。

だらだらと、楽しく安らぐ長電話

学生時代には、学校で友達と会っているのに、帰宅してからまた長電話をしていた。

なにをそんなに話すことがあったのか。

 

社会人になってからも、友達と会わない日には長電話。

濃い内容を話していたわけではなくて、雑談だったと思うけれど、話は尽きなかった。

 

でも最近は長電話なんてまったくしない。

電話自体、ほとんどしない。

自分もだけど、みんな忙しいから。

長電話している時間なんてないのだ。

 

だけど、どうでもいいような近況をだらだらと話すことで安らぎを得ていたなあと思う。

楽しい時間だった。今は、もうないけど。

失ったものなんて、なにもない

タイトルに「失った」と入れておいて、ここまで書いてきてなんなんですが、実は失ったものなんてなにもないのかもしれない。

手前味噌ですが、下記は以前書いた小説の中に出てくるセリフ。

「あのね、失ったものばかり見てしまうのは、もうやめようと思って。

というか、実は失ったものなんて、なにもなかったのかなとも思って。

人はね、失ったりしないのよ、きっと。失ったと思ってしまったものを見つめ続けるより、得たもの、というか、気付けたものね、それを大切にしていこうかなって」

ノートに書きこむことも、本を読むことも、語らいの時間も、実はなにも失っていない。

それらがやりたいなら、またやればいい。

「失った」と思うよりも、気付けたものがあるのかもしれなくて。

 

例えば、ノートに書きこむ楽しさに気付けたなら、敢えてまたそれをやればいい。

語らいの時間が大切だと気付けたのなら、できるだけそういう時間を持つようにしたらいい。

やり方を変えても、大切だと気付けたものにアプローチしたらいい。

 

そう、「失った」のではなく、気付くチャンスを与えられたと考えればいい。

失ったと思わなければ、気付くチャンスもなかったのだろうから。

 

うん、気付くチャンスがたくさんあるだけ。無駄なことなんて、なにもないんだ。



流れを変える、意識を変える☆
ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「金の切れ目が縁の切れ目」の人間関係を広げることに意味はない

「金の切れ目が縁の切れ目」の意味は次の通り。 金がなくなったときが、人間関係の切れるときだということ。 故事ことわざ辞典より   「お金の関係だけでつながっている人間関係って、大切?」 って …

やらせレビュー対策で、楽園を作るのだ!

ネットショップのお手伝いをしています。 ネットショップでは検索上位に出てくることが大切なのですが、 「検索1ページ目に出てくるのに、何故売れない!?」 ということになったのです。 上位に出てくるほかの …

行きたくない学校に通うのではなく、楽しく学び成長する道を選ぶ

久しぶりに会った友人は、学生のころから目指していた仕事に就き、立派に子育てもした尊敬する存在。 いっぱいいっぱい話をして、みっともない話も、なんでも話せて、心が潤うひとときでした♡ つらいことも包み隠 …

「頼りにされたい」承認欲求は、相手の成長を喜べない

承認欲求とは…… 他人から認められたいとする感情の総称である。 wikipediaより   承認欲求が強い人、それほどでもない人の差はあれど、自分の価値を認められるのはうれしいものですよね。 …

朝になったら擁護してくれる人たちが現れたお話

「見てくれている人もいるから大丈夫」 なんて幻想で、 「面倒なことは見て見ぬふり」 なんだよね、とシニカルな気持ちになることが多かったのですが、一晩明けたら擁護してくれる人たちが現れたことがあるのを思 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
メンタル心理カウンセラー、ライター、タロット占い、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お話聞きます&タロット占いいたします 自由に自分らしく輝くお手伝いをします☆



スポンサーリンク