Lifework〜ライフワークで暮らす〜

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

JRの車内アナウンスにビジネスと人間関係を学ぶ

投稿日:

以前のnoteで、「通勤電車の車内アナウンスにほっこりする」というようなことを書きました。

 

先日も、

「お疲れさまでした。お客様のご協力で無事、定刻に駅に到着いたします。ご協力ありがとうございます」

というような車内アナウンスが流れ、疲れた心がほっこり。

ああ、なんて素晴らしい心遣いなのだろうと、感動すらしました。

そして、「この心構え(対応)は、ほかのビジネスや人間関係にも活かせるのでは」と感じたので、そのことを綴ります。

 

要するに、大切な心構えは下記の通り。

  • 細やかすぎる、ていねいでわかりやすい説明
  • 相手の気持ちに寄り添う心遣い
  • 責めるのではなく、労い、感謝する

 

タイトルを「JR」としたのは、私が主に利用しているのがJR東日本だからです。

そんなわけで、ほかの路線も同じようなのかもしれませんが、「JR」とタイトルに入れました。

ほかの路線だってがんばってるよ!かもしれません。ごめんなさいです<(_ _)>



スポンサーリンク

親切すぎるアナウンス

車内アナウンスが、あまりにも親切すぎる、細やかすぎると感じること、ありませんか?

「雨の日は傘の忘れ物が多くなっています」

「雨でホームが濡れているので、滑りやすくなっています」

「ホームでは走らないように、ご協力くださいませ」

「次の駅で乗り換えると、同じホームで乗り換えることができます。その先の××駅での乗り換えは、階段を上って隣のホームからの乗り換えになります」

「出入口付近に立ち止まらず、一旦、ホームに降りてお待ちくださいませ」

「電車に乗りましたら、中ほどまでお進みくださいませ」

「電車が到着しましたら、降りる方が優先になります。お乗りになるお客様は白線の内側でお待ちくださいませ」

などなどなどなど。

……「子供相手か!」と思うくらい、細やかな心遣いとアナウンス。「次は○○駅~」というアナウンスすら、ほかの国では無いと聞いたことがあります。

日本、親切ですね。おもてなしの心ですね。

「当たり前のことなんてない」から感謝

冒頭で紹介した「お客様のご協力で無事、定刻に駅に到着いたします」の背景には、トラブルで電車遅延が起こることが多いということがあるのだと思います。

発車間際の電車に無理矢理乗ろうとしてドアにはさまる、乗客同士のトラブル、線路に立ち入り……などなど。

人に迷惑をかけるようなことはしない、混んでいる電車では礼節を守る、は当たり前のことのようでいて、当たり前ではないんですよね。

一刻でも早く目的地に着きたい乗客は、

「気分が悪くなったお客様がいたため、電車が遅れています」

というアナウンスにすら、「気分が悪いやつなんて、さっさと降ろせよ!」と言います。

苛立つ気持ちもわかるけれど、気分が悪くなりたくてなっているわけではないのだろうにと思うと、心が荒む想いです。自分が当事者の立場になったら、どんなに傷つくことかと。

JRの細やかなアナウンスは、そういった苛立ちにも寄り添い、なだめる役目を果たしています。

「お客様、苛立つ気持ちはわかります。ご迷惑おかけいたしまして、本当に申し訳ございません。恐れ入りますが、お待ちいただくことはできないでしょうか」

そして、待ってもらえたことに対して、

「ご協力、ありがとうございます」

と。

これが、

「イライラしてんじゃねーよ! みんな我慢してるんだから我慢しろ!」

なんて言われてみてください。「なんだとぉぉぉぉー!」とイライラ倍増ですよね。

言わなくちゃわからない人には、びしっということも必要ですが、苛立ちを感じている人たちの多くには、攻撃よりも理解と感謝が有効だと思います。

つまり、「我慢しろ!」ではなくて、「お急ぎなのに困りますよね、わかります。申し訳ございません。ご協力いただき、ありがとうございます」ですね。

細やかな指示は良質な仕事を生む

webライターをしていると、指示やマニュアル不足で執筆をすることに戸惑うことがあります。

もちろん質問はするのですが、それでもよくわからない場合、「ある程度、自由に書いていいということか」と受け止めて執筆しますが、求められているものと違う記事になってしまうことも。

最低限、「誰に向けて」「誰目線で」「文章の雰囲気」などがわからないと、執筆は難しいです。

クライアント側には、「細かすぎる指示は出しにくい」という心理があると聞きました。

「細かすぎ」の程度にもよりますが、わかりやすい指示を出すことに遠慮は不要です。

結果的に「頼んだライターが低レベルで……」と言われるくらいなら、細やかな指示を遠慮なく出していただいたほうがいいです。

「聞いてないよ!」の内容で、低レベルライターのレッテルを貼られることのほうが、つらいので。

JRに見習い、細やかに、わかりやすい言葉で、ていねいに説明することが、良い結果、質の高い仕事につながるのかな、と。

JRの接客に対する心構えは友好な人間関係にもつながる

「こんなこと常識。言わなくたってわかるでしょ」

と思うこともありますが、案外、言わないとわからないことは多いです。

「言わなくたってわかるはず」の思い込みが、相手の対応に怒りを感じ、不信感を生むのです。

自分にとっての常識が、他人にとっての常識とは限りません。

 

「言わなくたってわかる」は一旦、捨てましょう。

JRの車内アナウンスに学び、「細やかすぎる」注意喚起、ていねいな誘導を心がける。

そして謙虚な姿勢を保ち、相手への心遣いも忘れない。

攻撃しない。寄り添い、理解を示す。

感謝の言葉はきちんと伝える。

JRの心遣いは、ビジネスだけではなく、プライベートの人間関係を友好なものにするのにも活かせそうです。

 

さて、学べたところで、ラスト、実践してみます!

毎日、お疲れさまです。ブログをお読みいただき、ありがとうございました。楽しんでいただけたり、少しでも何かの参考になれたりしたなら幸いです<(_ _)>

 

流れを変える、意識を変える☆
書いて描いて弾いて占います。
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢では食べていけない、でも夢をあきらめたくない

「好きなことを仕事にしたい」 と考える人は多いと思います。 このブログも「好きなことを仕事にする」ということをテーマにしています。 しかし現実問題として、好きという気持ちだけでは稼げない状況というもの …

信用を失わないようにすることを体験から学ぶ

良い人間関係を築いていくためには、信頼関係を築くことが大切です。 ちなみに、「信用」と「信頼」の違いについて。 「信用」とは、過去の業績(振舞い)によって得るもの、 「信頼」は、未来に対して行うもの。 …

「去る者は追わず来る者は拒まず」の境界線について考える

「去る者は追わず来る者は拒まず」ということわざがあります。 意味は次の通り。 自分のところを去りたい人を引き止めるようなことはしないし、 自分のところを信じてやって来る人は、すべて受け入れるということ …

会社がダメになっていくときのお話:修羅場で本性がむき出しに

正社員時代も何度か転職をしましたが、直近(といっても2010年)まで10年以上勤めていた会社を辞めたときの体験談を書きます。 8年経って、あらためて思い出したこともあったので。 スポンサーリンク Co …

柳のように過ごそう、そして叩かれないくらい高い杭になれ

フツ―に、悪意なく過ごしているつもりなのに、叩かれたり、傷つくようなことを言われたりすること、ありますよね。 グサッときて、落ち込んでしまう。 今回は、心が折れそうになった時のための、対策について綴り …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク