ライフワークで暮らす

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

「真面目ですね」は誉め言葉じゃない?見られたいイメージは決まっている

投稿日:

 

以前、よく会う機会があった方(男性)は真面目なイメージでした。

だから周りから、

「真面目ですね」

と言われることが多かったんです。もちろん誉め言葉として。

ところが本人は、誉められているのにも関わらず、嬉しそうではありませんでした。

 

今回は「真面目ですね」は誉め言葉ではないのか?

人はそれぞれ、「こう見られたい」というイメージを持っているのではないかと思ったことについて綴ります。



スポンサーリンク

「真面目ですね」が喜ばれなかったのは

誉め言葉のつもりで言われる「真面目ですね」に、何故その方は喜ばれなかったのでしょう?

本当にその方、真面目でした。

そして「真面目」なのはいいことですよね。というか、基本、真面目じゃないとダメなんじゃないかなと思っています。

しかし何故、「真面目」なその方は「真面目ですね」と誉められて喜ばなかったのか、その心理を考えてみます。

 

その場にいた誰もが、その方のことを「真面目」と思っていたくらいなので、その方は他の場でも「真面目ですね」と、よく言われていた可能性が高いです。

言葉って、受け手の心情によって、受け取られ方が変わるのです。

「真面目」を他のとらえ方で考えてみましょう。

いろいろありますが、例えば「頭が固い」、「型にはまっている」、「面白みに欠ける」e.t.c.

 

その方はたぶん、「真面目」と言われているうちに「堅苦しくて面白くない人」と言われているような気持ちになってしまったのではないでしょうか。

 

しかし、誉めているつもりで言った言葉が相手を不快にさせるとは、怖いです。

さまざまな言葉の裏側

上記のように「真面目」の裏側には「堅苦しくて面白くない人」という解釈があります。

ほかの例をあげてみます。

「大らか」⇒「がさつ」

「おっとり」⇒「のろま」

「テキパキしている」⇒「仕切りたがり屋」

「細やか」⇒「神経質」

 

既に述べましたが、言葉は相手の心情で解釈が変わります。

「大らかですね」と誉めたつもりが、「どうせ、がさつですよ」ととられてしまったり、

「細やかですね」と誉めたつもりが、「細かいことこだわってて、すみませんね」ととられてしまったり。

 

でも、「誉めたのに、何故喜ばないんだ!」と言うのも勝手な話。

人は「こう思われたい」イメージを自分の中に持っている

もうひとつ、忘れてはいけないこと。

人は「こう思われたい」というイメージをそれぞれの中に持っています。

だから例えば、「真面目ですね」と言われて喜ばれなかった方が、日頃から自分の真面目さに誇りを持っていたら、「真面目ですね」と言われて喜んでくださったと思うんです。

「そうだろ、俺、真面目なんだよ」って。

だけど「真面目」と言われることがイヤだった、そしてたぶん、「こう見られたい」ほかのイメージがあったんだと思うんですね。

それが想像できていれば、誉め言葉のつもりで「真面目ですね」と言って、相手を嫌な気持ちにさせてしまうことはなかったはず。

例えば「意外に、面白い人なんですね!」と言えばよかったのかも。”意外に”という部分には、「真面目そうに見えて」という意味が隠れているのですが、「真面目」でありながら「面白い」と、なにげに2つの誉め言葉を入れ込んでいます。

これなら「真面目」も誉め言葉として受け止めてもらえそうです。

実は私自身も経験しました

つらつらと書いてきましたが、実は私自身も言われる側の経験をしました。

その言葉が、私にとっては、誉め言葉に感じられるどころか、

「この人たち、私のこと嫌いでしょ!」

と思ってしまったくらいです。(断定されてしまうので、言われた言葉は内緒で)

正直、良い気持ちにはなりませんでしたが、冷静になって考えました。

別に、けなされてないよねって。

ただ、私自身が「そういうイメージで見られていること」を不快に思ったというだけ。

言った人たちは、思ったことを言っただけ。別に悪いと思って言っていなかっただろうと思います。

 

いろいろな人が勝手にいろいろなことを言うのだから、「誰にどう思われようと関係ないや」と思っていましたが、それでも少なからず「こう見られたい」「こう見られたくない」という気持ちが私の中にもあるようです。

 

誉め言葉のつもりが、相手を不快にさせてしまうこともあるということ、

不快にさせてしまったら、相手の心情を想像し、「見られたいイメージ」にアプローチ。

そして、すかさずフォローをして、投げた言葉を良い影響を与えるものにできたらいいですね。

難しいけれど、せっかく言葉のやり取りをするのなら、心地よいものにしたいもの。

そのために、心を使って想像力を駆使しましょう。



流れを変える、意識を変える☆
ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

迷ったら原点に戻れ!「人生の縮図」をハイキングで感じた話

中々、書きたいことが記事にしきれませんが、ふと何年も前の経験を思い出しました。 ハイキングに出かけて「人生の縮図」のようなものを感じた話です。 そのときに書いた文章があったはずなのですが、見つからない …

「派遣切り」で「高校受験合格発表」を思い出した

以前、書きましたが、2年弱、専業で在宅ライターをやっていて、体調を崩しました。 知らないうちにセルフブラック(自分でブラック労働)をしていたのかもしれないです。 強制的に昼夜逆転生活を直すため、フルタ …

マニュアルを求めすぎてはいませんか?心を使って判断しよう

以前書いた記事を思い出したので、リライト。 2012年に書いた記事なのですが、どうも現代人は、なんでもかんでもマニュアルに頼りすぎているような気がする、それは違うのではないかと思ったお話。 スポンサー …

死は肉体がなくなっただけ、魂は在り続けるということ

2018年3月12日のtweetです。 亡くなった人を想うとき、泣いたり悲しんだりしないでって。 日本では死を“けがれ”ととらえることもあるけれど、肉体がなくなっただけ、特別視しないで欲しいって。魂は …

評価されないことが、誰かの救いになっていること

誰かの存在を「価値がある、ない」で考えたくはないですが、その人が存在していることの意味は、一方からだけ見て決めることはできません。 一方ではまるで評価されない、しかしほかの誰かにとっては無くてはならな …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク