自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

思うこと

正常と異常の境界線「性格なのか?病気なのか?」

投稿日:2018年6月12日

ブライアン・ジョーンズの別ブログで、「正常と異常の境界線 ブライアン・ジョーンズは異常だったのか?」という記事を書きました。

 

ブライアン・ジョーンズは、未診断の側頭葉てんかんだったのだと思いますが、今回はブライアン・ジョーンズとは関係ない、正常と異常の境界線について書きたいと思います。



スポンサーリンク

「明らかに病んでない」と「明らかに病んでいる」

以前、障害年金関係の仕事をしている知り合いがいました。

障害年金は体の障害だけではなく、精神的(心や脳)の病でも受給できます。

そのときに、ちょこっと聞いたことです。

問い合わせがくるそうです。

『友達の女性は、精神的な病気だって言って障害年金を受給してます。でも、彼女は病気じゃないんです。もらったお金で遊んでるんですよ!』

……いわゆる、これはチクリですね。。。

また反対に、

『息子は明らかに異常なんです! 病気なんですよ。なのに、なぜ受給の許可がおりないんですか?』

……いわゆる、これはクレームですね。

「そういう問い合わせには、なんてこたえるの?」

と聞いたところ、

「周りから見て、病気か病気じゃないかなんて判断できない。障害年金は、医者の診断書があって、審査を通った人が受給できるんだから。専門知識がない一般人から見て元気だって、専門家の診断で病んでいるってなることもあるし」

とのことでした。

要するに、病気か元気かなんて、素人にはわからないということ。

ある人の体験談

ある人の、読んだだけの体験談です。

身内に家庭内で暴れる人がいたそうです。

「明らかに病んでいる」

困り果てた家族が、医者に連れて行きました。

診断は、

「病んでいるわけではない。乱暴な性格なだけです」

……病気でなくて良かったというより、なんか……、困って疲弊している家族は救われないですよね。。

病気なのか性格なのか

精神的な病の場合、病気なのか、病的な性格なのかの判断も難しいです。

うつ病になった人の体験談で、体が動かないのに、「ただの怠け者と思われてしまう」というのがありました。

いつも明るかった人が、急にふさぎ込んでしまったら、「どうしたんだろう?」と周りは心配するかもしれませんが、人間には落ち込むこともあるし、病気なのか単に落ち込んでいるだけなのかも、判断が難しいですよね。

また、別のある人の体験談

職場の同僚だった人の体験談です。

ちょっとしたことくらいでは動じないような、芯が強そうな人でした。

ある職場で働いていたとき、責任者が忙しすぎていつもパニックになっていて、周りに毒をまき散らしていたそうです。

一緒に働いていた真面目そうな人たちが次々に病んでいき辞めていく中、その人はどうにか契約最後まで働ききりました。

「ところがね、私にも来たの」

と彼女は話してくれました。

「なにが?」

「職場を辞めてから、体に症状が出た」

「どんな?」

「動けなくなった。動こうとしているのに、全然体が動かないの。」

”うつ”になってしまったのだろうと話していました。

すぐに症状は治ったけれど、もう少し長く働いていたら、完全に病んでいたかも、と。

正常と異常の境界線

落ち込むことは誰にでもあるし、眠れないことだって誰にでもあります。

それが即、病気とは思えません。

でも、心は思っているよりも弱いものなんだと、わかっていたほうが良いです。

自分は精神的に強いから、と過信しないでください。

大丈夫と思っていても、まず体に症状が出てきます。

頭が大丈夫と思っていても、体がSOSを出してきます。

それを受け流してはいけません。

頭痛とか胃痛とかであっても、心と体を労わってください。

受け流していると、あるとき突然、ガクッときてしまうこともあります。

体からのSOSは、一番信頼できる自分のお医者さんです。

「なにかおかしいな」

と思ったら、一息入れて、周りの状況を見つめなおすことが大切。

 

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「道を聞かれる人」の方向音痴率は高い?

YouTubeを流し聞きしていたら、 「道を聞かれやすい人は信頼できる」 という発言があって、ふと自分は「道を聞かれやすいタイプ」だったと思い出しました。 信頼できるのかどうかは定かではありませんが、 …

怒りを抑えても、状況に我慢しすぎても自己評価を下げる

以前、「怒りを抑えると自己評価を下げてしまう」というブログを書いた。 そして今回、置かれた状況に我慢しすぎても自己評価を下げてしまうのではないかと思ったので、そのことをプラスして綴りたいと思う。 頑張 …

信用を失わないようにすることを体験から学ぶ

良い人間関係を築いていくためには、信頼関係を築くことが大切です。 ちなみに、「信用」と「信頼」の違いについて。 「信用」とは、過去の業績(振舞い)によって得るもの、 「信頼」は、未来に対して行うもの。 …

伝わることこそ奇蹟なのかもよ?(コミュニケーションは難しい)

同じ日本語を話していても、驚くほど伝わらないなんてわかっていたけれど、本当に伝わらなくて疲れた最近のお話です。 高い確率で「伝わる」のではなく、 伝わることこそが奇蹟であり、感謝すべきことなのかも! …

自然にできていることかもしれないが、これが何の役に立つのだろうか

「好き」と「得意」と「需要」を組み合わせると、自分の強みを活かした仕事ができると言われています。 私がほかの人よりも、無意識に、自然に、たくさんできていることがあることのひとつについて、 「うーん、こ …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク