自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

思うこと

思いこんでいるセルフイメージは間違っているかもしれません

投稿日:

「自分って、こういう人なんだよね」と思っている、自分自身のイメージ。

疑問も持たずに思いこんでいるそのセルフイメージは、もしかして間違っているかもしれません。

私自身の体験を綴ってみます。



スポンサーリンク

授業参観日が嫌いだった

子どものころ、授業参観日が嫌いでした。

来て欲しくなくて、授業参観日があることを知らせたくないくらいイヤでした。

小学校高学年のころ、本当に知らせなかったことがありましたが、先生にも親にもバレました。

両者から「知らせなかったでしょ」と言われましたが、しらばっくれたかと記憶しています。その時は、怒られはしなかったように思います。

「授業参観日はイヤなイベント」と認識していましたが、たぶんテレビなどから、「多くの子どもたちは授業参観日を楽しみにしている」ことを知りました。

私とは逆に、親が来られなかったら落ち込んでしまうらしいと。

そこで、多くの子どもたちと違い、親に来て欲しくないと思ってしまう自分のことを「ひねくれている」と思いました。

私は性格がひねくれているから、来て欲しいと思えないのだと。

ヘルパーさんが来てくれるのを嬉しいと思った

時は過ぎ、一昨年の年末のこと。

リハビリ中でお世話になっているヘルパーさんが、私が通っているリハビリ施設にカレンダーを持って挨拶に行くと言いました。

要するに、年末の挨拶回りですね。

私が行っているときに行こうかなあと。

「ぜひ、来てください、私がいるときに」と私は言いました。

わあ、来てくれるの楽しみ! いつも話しているリハビリの感じとか、実際に見て欲しいな~と思ったのです。

そして、思いました。ん? これは子どもが授業参観日を楽しみだと思う心理に似ている?

授業参観日が嫌いなはずなのに。来て欲しくないと思ってしまうはずなのに。

ヘルパーさんが来てくれるのを楽しみだと思えている。

・・・ということは、別に私、ひねくれているわけではない?

授業参観日が嫌いだった理由

そこで、あらためて授業参観日が嫌いだった理由を思い出しました。

小学校低学年のころ、授業参観日が終わり家に帰ると怒られていました。

授業態度が悪いと。

積極的に発言をしていないと。

怒られないように、次の授業参観日には手を挙げて発言をしました。

「これで今日は怒られない」と思っていたのに、怒られました。

手の挙げ方が良くないと。

泣くまで怒られました。というか、泣くと怒るのをやめてくれました。

ある授業参観日には、恐ろしい表情でぴったり背後に立っていて見下ろされていました。怖かった。

こんなにイヤな想いをしていたら、楽しみだと思えるわけがありません。

だから、私は授業参観日が嫌いだったのです。ひねくれていなくたって、これじゃ嫌いになるでしょう?

思いこまずフラットな気持ちでいること

別に、恨みを抱えているわけではありません。

ヘルパーさんの件があったから、「自分はひねくれている」というセルフイメージが思いこみだったことに気付けました。

なので、こういうことがあるんだよと、お伝えしたかったのです。

思いこみは、違和感なく自分のなかに存在しているかもしれません。

そして、今の自分に知らないうちに影響を与えているかもしれません。

大切なのは、こういうこともあるので、心をやわらかくしておいて、時には「この想いはどこからきているのかな」と考えてみること。心と向き合ってみること。

間違っている思いこみに振り回されないようにしてくださいね。



スポンサーリンク

ライター、心理カウンセラー・タロット占い、ムビラ弾き♪自由に自分らしく輝けるお役に立てたら幸いです☆
<こんなものにこだわって暮らしたい>
アナログの音、本、映画、パートナー、木、花、パソコン、美味しい食事、陽の光、猫、オシャレ、筋トレ、会話、書く、描く、言葉、知識、健康、仲間、友達、温泉、笑い
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストレスを解消させるために「非日常」を体験する

ストレスを強く感じていて、「どうにかしたい!」と思っていませんか? 私はいろいろなことが重なって、頭の内側がざわざわしているような状態になり、 「クリアになりたい!」 と思い、あがいていました。 &n …

変人道を突っ走れ!|オリジナリティが個性だった

先日、「超実践セミナー」に参加してきたというブログを書きました。 超実践セミナーに参加|セミナーに参加して初・感動の涙超実践セミナーに参加してきました。実は、なつみとさんのセミナーには去年も参加。セミ …

失ったものは、本当に必要がないものだったのかな

「きれいにノート、とってるなあ」 高校1年生の頃。 授業中に先生が、私がとっていたノートをのぞいて、感心したように言った。 意識してきれいにノートをとっていたつもりはなかったから、驚いた。 そして、う …

夢では食べていけない、でも夢をあきらめたくない

「好きなことを仕事にしたい」 と考える人は多いと思います。 このブログも「好きなことを仕事にする」ということをテーマにしています。 しかし現実問題として、好きという気持ちだけでは稼げない状況というもの …

恋を実らせたかったら絶対言っちゃダメ!「オトコノキモチ」

さて、ハロウィンも終わり、次のイベントはクリスマス。(早いけど) 「クリスマスまでには恋人を!」 と思っているシングル女性もいるのではないでしょうか? そんな悩めるシングルガールに、女性の私なのに、 …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク