自由に自分らしく生きていく

緊急入院を経てやっと自分らしく生きられるようになりました。体験からの学びをシェアすることが、少しでも生き苦しさから放たれ、自由に自分らしく生きていくことのお役にたてたら幸いです。☆寝たきりから回復中ライター・校閲、心理カウンセラー、ムビラ弾き♪

思うこと

思いこんでいるセルフイメージは間違っているかもしれません

投稿日:

「自分って、こういう人なんだよね」と思っている、自分自身のイメージ。

疑問も持たずに思いこんでいるそのセルフイメージは、もしかして間違っているかもしれません。

私自身の体験を綴ってみます。



スポンサーリンク

授業参観日が嫌いだった

子どものころ、授業参観日が嫌いでした。

来て欲しくなくて、授業参観日があることを知らせたくないくらいイヤでした。

小学校高学年のころ、本当に知らせなかったことがありましたが、先生にも親にもバレました。

両者から「知らせなかったでしょ」と言われましたが、しらばっくれたかと記憶しています。その時は、怒られはしなかったように思います。

「授業参観日はイヤなイベント」と認識していましたが、たぶんテレビなどから、「多くの子どもたちは授業参観日を楽しみにしている」ことを知りました。

私とは逆に、親が来られなかったら落ち込んでしまうらしいと。

そこで、多くの子どもたちと違い、親に来て欲しくないと思ってしまう自分のことを「ひねくれている」と思いました。

私は性格がひねくれているから、来て欲しいと思えないのだと。

ヘルパーさんが来てくれるのを嬉しいと思った

時は過ぎ、一昨年の年末のこと。

リハビリ中でお世話になっているヘルパーさんが、私が通っているリハビリ施設にカレンダーを持って挨拶に行くと言いました。

要するに、年末の挨拶回りですね。

私が行っているときに行こうかなあと。

「ぜひ、来てください、私がいるときに」と私は言いました。

わあ、来てくれるの楽しみ! いつも話しているリハビリの感じとか、実際に見て欲しいな~と思ったのです。

そして、思いました。ん? これは子どもが授業参観日を楽しみだと思う心理に似ている?

授業参観日が嫌いなはずなのに。来て欲しくないと思ってしまうはずなのに。

ヘルパーさんが来てくれるのを楽しみだと思えている。

・・・ということは、別に私、ひねくれているわけではない?

授業参観日が嫌いだった理由

そこで、あらためて授業参観日が嫌いだった理由を思い出しました。

小学校低学年のころ、授業参観日が終わり家に帰ると怒られていました。

授業態度が悪いと。

積極的に発言をしていないと。

怒られないように、次の授業参観日には手を挙げて発言をしました。

「これで今日は怒られない」と思っていたのに、怒られました。

手の挙げ方が良くないと。

泣くまで怒られました。というか、泣くと怒るのをやめてくれました。

ある授業参観日には、恐ろしい表情でぴったり背後に立っていて見下ろされていました。怖かった。

こんなにイヤな想いをしていたら、楽しみだと思えるわけがありません。

だから、私は授業参観日が嫌いだったのです。ひねくれていなくたって、これじゃ嫌いになるでしょう?

思いこまずフラットな気持ちでいること

別に、恨みを抱えているわけではありません。

ヘルパーさんの件があったから、「自分はひねくれている」というセルフイメージが思いこみだったことに気付けました。

なので、こういうことがあるんだよと、お伝えしたかったのです。

思いこみは、違和感なく自分のなかに存在しているかもしれません。

そして、今の自分に知らないうちに影響を与えているかもしれません。

大切なのは、こういうこともあるので、心をやわらかくしておいて、時には「この想いはどこからきているのかな」と考えてみること。心と向き合ってみること。

間違っている思いこみに振り回されないようにしてくださいね。



スポンサーリンク

ライター、心理カウンセラー・タロット占い、ムビラ弾き♪自由に自分らしく輝けるお役に立てたら幸いです☆
<こんなものにこだわって暮らしたい>
アナログの音、本、映画、パートナー、木、花、パソコン、美味しい食事、陽の光、猫、オシャレ、筋トレ、会話、書く、描く、言葉、知識、健康、仲間、友達、温泉、笑い
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

別人願望?見栄を張って作り話をするのは共感できる?

本当の自分を偽って、別人のようにふるまう気持ち、わかりますか? これは、お世話になっている美容師さんから聞いたお話。実話です。 共感を呼ぶ話なのでしょうか? 私は、少しならわかるけど「そこまで?」って …

「ラク」に慣れるとどんどん贅沢になっていく

カーナビが無かったころ、方向音痴の私は車を運転するとき、必死に地図をチェックしていました。 「×個目の道を曲がる」 「目印は〇〇」 メモ書きを見えるところにぺたぺた貼って運転スタート。 今ではすっかり …

幸せを遠ざけてしまう、ゆがんだ承認欲求に気づかないと!

「この人のこと、本当に好きなのかな?」 「どうして、こんなつらい恋愛ばかりしてしまうんだろう?」 自分の感情が理解できない恋愛ばかりを繰り返してしまい、つらくて悩んでいる方はいませんか? もしかして、 …

気づいて気をつけることはできて、そして変われるかもしれない

基本、おおざっぱで楽天的な性格だと思うのですが(自己判断だと)、違う自分が出てきてしまうことがあります。 超ネガティブな自分。 自分が自分をめちゃくちゃ否定してしまう。 今回は、その良くない心の癖が出 …

0.2円案件を受け、単価交渉をしなかった理由

クラウドソーシングを知り、webライティングを始めたころ、文字単価0.2円の継続案件を受注しました。 そしてそれが「安すぎる単価案件」と気づいても、しばらくの間継続していました。 今回は、何故、0.2 …



スポンサーリンク

未婚の母と、登校拒否の高校生男子と、自称「うまく生きてる」あたしの物語。
「そんな夜の、とっておき」

https://amzn.to/4aJxV8L

そんな夜の、とっておき

そんな夜の、とっておき

樫村茉莉
250円(03/02 20:27時点)
発売日: 2018/02/27
Amazonの情報を掲載しています

人気記事

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、校閲、メンタル心理カウンセラー、ムビラ弾き♪ ライフワークは「伝えること」、チームで「自分らしさ」をテーマに発信したい☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール



スポンサーリンク