Lifework〜ライフワークで暮らす〜

あなたの”一生懸命”を応援します。私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

思うこと

柳のように過ごそう、そして叩かれないくらい高い杭になれ

投稿日:2018年12月5日

フツ―に、悪意なく過ごしているつもりなのに、叩かれたり、傷つくようなことを言われたりすること、ありますよね。

グサッときて、落ち込んでしまう。

今回は、心が折れそうになった時のための、対策について綴ります。

  • 立ち向かい方
  • 目指す姿

傷ついて落ち込んでしまう傾向にある方は、参考にしてくださいね!



スポンサーリンク

叩かれたり傷つけられたりする理由

なぜ、フツ―に過ごしているのに、叩かれたり傷つけられたりしてしまうのでしょうか。

相手側にあると考えられる主な理由は3つ。

  • 発した言葉が相手に与える影響を考えられない=想像力の欠如
  • 誰かを見下して、自分の立場を守りたい
  • 嫉妬

ここで注意。

例えグサッときたとしても、愛ある助言の場合があるので、耳に痛いことすべてが悪いわけではないです。

そして言われたことにより、改善のヒントをもらえることもあります。

なので、即、

「きついこと言われたー! むかつく!」

と感情的にならず、冷静に受け止め、考えることも大切。

 

人は、気付いていても、注意してくれないものです。悪く思われたくないから。

だから、注意してもらえるというのは、ありがたいことです。

改善のヒントと受け取って、ありがたいヒントは最大限に活かしましょう!

 

しかし、根拠なき批判に傷つく必要はないですね。

柳のようになって受け流す

ありがたくもなんともない批判に対しては、「柳のようになって受け流す」。

ことわざ「柳に風」とは、

柳が風になびくように、逆らわない物は災いを受けないということ。また、相手が強い調子であっても、さらりとかわして巧みにやり過ごすことのたとえ。

故事ことわざ辞典より

 

または、

ことわざ「柳に雪折れなし」とは、

柔らかくしなやかなものは、堅いものよりも、よく耐えたり丈夫であったりする。

故事ことわざ辞典より

 

攻撃してくる人というのは、相手にすると、余計エキサイトします。

相手にしないのが一番ですが、ひどいことを言われてへらへらしているのも疲れるので、チクリと刺して、サラリと交わすのも良し。

これ、テクニックがいります。

嫌味になっちゃうと、余計、エキサイトさせちゃうので。

基本、無視がいいですね。立ち向かっていると消耗するので。

あと、味方がいたほうがいいです。守ってくれる、本当の味方。
(味方作りは戦略かな。戦略、苦手だけど;)

 

正しいこと=正解

とは限らないことがあります。

確かに正しいことをやっていても、余計にややこしくなることが、残念ながらありますね。。
(”確かに正しい”も判断が難しいので決めつけられないですが)

理不尽なことに対しては、柳のようになり、ふわ~ふわ~と交わし、傷を負わないようにして、ふわ~ふわ~と決して折れない柳のように、また立ち上がりましょう。

ふわふわしているように振舞うのが、強さのコツです。

そして、

「もう無理~! この場所で対応していけない、耐えられない!」

と思ったら、完全に折れる前にふわ~ふわ~と、その場から立ち去りましょう。ここは柳ではなくて、風のように。

打つ手が届かないくらい高い杭になる

ことわざ「出る杭は打たれる」とは、

頭角を現す人は、とかく人から憎まれたりねたまれたりすることのたとえ。また、出すぎた振る舞いをすると非難されて制裁を受けることのたとえ。

故事ことわざ辞典より

 

優秀だったり、目立ったり、チヤホヤされたり、成果を出したりすると、妬まれることがあります。

本人は、

「なに? なにが起こったの?」

自慢したつもりもなければ、わけがわからないかもしれませんが、要するに、嫉妬されているんですね。

 

「目立つと叩かれるから、静かにしていよう」

は、ひとつの対策です。

でも、そんなのもったいなくないですか?

せっかく能力があるのに、目立たないようにしていなければならないなんて。

いえ、それでいいなら、いいんですが。

そんなのイヤで、「自分らしく輝きたい!」のであれば、叩かれない杭になりましょう。

ほかと並んで、少しだけ出ている杭だから、打たれるんです

ほかと並ばず、打とうとしても、打つ手が届かないくらい、高い高~~~い杭になりましょう。

同じエリアにいると並んでしまうので、自分らしさを思いきり輝かせて、ほかに並ぶ存在がいないエリアで高い高~~~~い杭になっちゃいましょう!

実は自分に言い聞かせている

「柳のように」「高い杭に」と、悩む方の参考になればという想いで書きましたが、実はこれ、自分自身にも言い聞かせています。

ここ数年、意味不明に叩かれることが増えた気がしています。

平和主義者なので、言い争いは嫌いです。

言葉を大切にしたいので、感情的になって言い返したくもありません。

そうすると、きついことを言われても何も感じていない人、と思われることがあるようです。

場の雰囲気を悪くしたくなくて、ヘラヘラしていると、余計、何も感じていない人になってしまいます。

だけど!

しかし! だけど!

傷ついているんですよ! 言い返さない理由は、前述の通りで!

 

それを言ったら相手は傷つくってわかるでしょ!って思ってきました。

⇒わからないみたいです

 

言い返さなくても、顏では笑っていても、傷ついているってわかるでしょ!って思ってきました。

⇒わからないみたいです

 

・・・どうやら、思っているよりも、伝わることは少ないです。

 

時と場合によっては、ヘラヘラするのはやめようと思いますが、言われたら言い返す人にもなりたくありません。

言葉を大切にしたいから

言葉には大きな力があるから

 

だから! だからだから!!

思っています! 自分にも言い聞かせます! 悩める方もよろしければご一緒に!↓

柳のように過ごそう、そして叩かれないくらい高い杭になれ

 

あなたの”一生懸命”を応援します☆
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

倒れても前を向け、立ち上がれなければ這って前進しろ

書くこと、表現することは、ずっとやってきましたが、webライティングを始めたのは、去年の4月。 ネットで、クラウドソーシングの存在を知り、体験談に目を通すと、みんな順調に伸びている。 「これ、やってみ …

「私(わたし)」を多く使うのは自己顕示欲が強い証拠?

会話の中で「私」という言葉を多く使っていたことがあったらしい。 例えば、 「私は、××と思う」 というふうに。 「”私”って言葉を使うの止めなさい!」 注意を受けて、初めて気づいた。え? そんなに「私 …

年賀状を断捨離?年賀状が迷惑だと思う心はどうなのか?

今年も年賀状を販売している光景が、駅の構内などで見られるようになりました。 一昔前だと、会社の同僚、上司、取引先、友達など宛てに、年賀状を100枚単位で送っていた人がいたような記憶があります。 会社同 …

人はわかってもらいたいもの、だから私の占いは「肯定」から始まる

私は占い師もしています。 お話(お悩み)をうかがう時に、決して否定はしません。 否定してしまうと、そこで終わってしまい、その先に行けない。 人は、矛盾する感情を抱えているものです。 自分でも整理できな …

自分を苦しめている自分

私は占い師もやっているので、いろいろな方のお話を伺うこともあります。 占い師は守秘義務があるので、細かくは書けません。 でもその人がその人であるがゆえに悩んでいることが多々あります。 個性(性格、物事 …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

<script>