ライフワークで暮らす

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪私のライフワーク”伝えること”が、少しでも「生きること」「生きていくこと」のお役にたてたら幸いです。

日々 思うこと

「相手にどう思われるかを考えてしまうのですが、どうしたら自分を優先に考えられますか?」

投稿日:

先日、質問箱に届いた質問に答えました。

見にくいですよね。わかりやすくは、下記です↓

質問「相手にどう思われるかを考えてしまうのですが、どうしたら自分を優先に考えられますかね。」

私の回答「相手にどう思われるかを考えてしまう=相手の気持ちを尊重(優先)してしまう、ということですよね。
どうして相手の気持ちを(自分の気持ちより)優先してしまうのか、その理由を考えてみると、どうしたら良いのかのヒントが見えてくるのではないでしょうか。」

 

簡単に回答しすぎて意味不明かなと思ったので、今回は回答の補足を書きます。

興味がある方は読んでみてください。



スポンサーリンク

そもそも「相手」と「自分」を分けることはない

私はそもそも過剰に「相手」と「自分」を分ける考え方をしなくてもいいと思っています。

詳しくは下記で書いています↓

 

私はあなた、あなたは私。

別々の人間とはいえ、個のつなぎ目は曖昧な時もあるよねって思います。

物事は巡り巡って自分に戻ってくるのだから、困っている人が周りにいたら、できるだけ力を貸したらいいじゃないですか。

支え合って暮らしていけばいいじゃないですか。

周りの人が不幸だったら自分だって悲しくなるし、周りの誰かが幸せならば自分だって幸せを感じられる……、じゃないですか?

もちろん、自分を傷つける存在とは距離を置く必要があると思います。

私は「他人の不幸は蜜の味」と思っているような人とは距離を置きたいですね。

相手にどう思われるかを考えてしまう理由は?

話を元に戻します。

質問「相手にどう思われるかを考えてしまうのですが、どうしたら自分を優先に考えられますかね。」

私の回答「相手にどう思われるかを考えてしまう=相手の気持ちを尊重(優先)してしまう、ということですよね。
どうして相手の気持ちを(自分の気持ちより)優先してしまうのか、その理由を考えてみると、どうしたら良いのかのヒントが見えてくるのではないでしょうか。」

 

回答の意味を詳しく説明します。

相手にどう思われるのかを気にしてしまい、自分の気持ちを優先できない

ということは、つまり、

自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまう

ということ。

そこで、何故、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまうのか、その理由を考えてみましょう。

思いつくことを上げてみます。

  • 相手が大切な存在だから
  • 相手に良いイメージを与えたいから
  • 相手を嫌な気持ちにさせたくないから
  • 相手が期待している自分でいたいから
  • 相手の支え(力)になりたいから
  • 自分の悪口を言われるのが嫌だから
  • 良い人だと思われたいから
  • 自分よりも相手の存在が尊いと思うから

これらの中にピンとくるものが無いとしても、結局、質問者は「自分を優先できていない」と思いながら、ご自分を優先しているのだと思います。

何故なら、「相手にどう思われるかを考えてしまう」というご自分の気持ちを優先しているのは、質問者ご自身だからです。

もし相手が何かを言ってきたとしても、「気にしない」という選択肢があるはずです。

なのに「相手にどう思われるかを考えてしまう」ことを優先している、それを選んでいるのは質問者ご自身。自分を優先できないと思いながら、「相手にどう思われるかを考えてしまう」という自分の気持ちを優先しているのです。

そこで、相手を優先してしまう理由をあらためて考えてみましょう。

やむを得ない事情の場合もありますよね。その場合は、それにどう対処していくかを考える。

理由を深堀していくのも良いですね。

例えば「相手が大切な存在だから」だった場合、何故、大切な存在なのか、大切な存在の気持ちを自分よりも優先してしまうのは何故なのか。だって大切な存在であったとしても、なにも自分よりも優先しなくてもいいという考え方もあるからです。

あるいは、
「なーんだ、相手の気持ちを考えることなかった」
と気づける場合もあると思います。

(マインドコントロールされているとしたら、もっと深い話になると思います。自分の選択に疑問を持ったことが、コントロールから抜け出す一歩目になるのかもしれません)

相手がどう思っているのかなんて決めつけられない

また「相手にどう思われるかを考えてしまう」ことについてですが、相手の本心なんて決めつけられませんし、例え想像できたとしても、人の心はコロコロ変わるものです。

言葉で「好き」と言っている人がいたとしても、心の中では「嫌い」と思っているかもしれない。または、その時は本心だとしても、何かの瞬間に「好き」が「嫌い」に変わるかもしれない。

あまり考えすぎると人間不信になってしまいますが、それくらい人の心は難しいものだと思います。相手の気持ちというか、自分の気持ちだって変わってしまうことあるでしょう? そう、自分の気持ちですら、あやふやでしっかりと把握するのは難しいものです。

だから、あやふやすぎる相手の気持ちを想像だけで決めつけて、それに左右されることはないのです。

自分の気持ちを優先させる方法

というところで、

「どうしたら自分を優先に考えられますか」

の、私が思う回答まとめです。

 

「相手にどう思われるかを考えてしまう」ことが心地よいなら、相手にどう思われるかを考えていていいと思います。

つまり、それが自分(の気持ち)を優先していることだから。

 

反対に「相手にどう思われるかを考えてしまう」のが苦痛なら、相手にどう思われるかを考えてしまう理由を考えましょう。

例えば、「悪く思われたら仕事に支障がある」ということなら、打開策を練る必要がありますね。もしくは、その仕事を失っても大丈夫かどうか考えるとか。

 

前者の「相手にどう思われるかを考えてしまう」のを心地よいと感じている人でも、限界を超えないように気をつけましょう。

残念ながら、自分の気持ちを押し殺して相手のために尽くしても、その想いは伝わっていないことが多いです。

言葉で伝えていて、「伝えたから大丈夫」と思っていても、伝わっていないことは驚くほど多い。

なので、相手を優先することが心地よい範囲を超えて、苦しくなるようなら、相手を優先することをやめましょう。あなたの大切なやさしい心が利用されるだけになってしまうから。

消耗して、ぽきっと折れてしまう前に気づきましょうね。

 

あなたを苦しめる存在から距離を置いたとしても、誰もあなたを責めません。責めてくる存在があるとしても、気にする必要はありません。それらは無責任な攻撃だから。

自分の心を守れるのは自分だけ。だから、自分の心を守ることを優先しましょう。

「相手にどう思われるかを考えてしまう」が心地よいならそのままで、苦しいのなら、相手を優先させてしまう理由を分析し、自分の心を優先する道を選ぶようにしましょうね。

以上、私なりの回答になります☆

 

ライター、タロット占い師、ムビラ弾き♪
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-日々, 思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝になったら擁護してくれる人たちが現れたお話

「見てくれている人もいるから大丈夫」 なんて幻想で、 「面倒なことは見て見ぬふり」 なんだよね、とシニカルな気持ちになることが多かったのですが、一晩明けたら擁護してくれる人たちが現れたことがあるのを思 …

「頼りにされたい」承認欲求は、相手の成長を喜べない

承認欲求とは…… 他人から認められたいとする感情の総称である。 wikipediaより   承認欲求が強い人、それほどでもない人の差はあれど、自分の価値を認められるのはうれしいものですよね。 …

ネットワークビジネスに不信感を抱いてしまう理由

ネットワークビジネスをやっている知り合いがいます。 勧誘されたこともあります。 でも、ネットワークビジネスをやりたいと思ったことはありません。 むしろ不信感を持っています。 今回は、ネットワークビジネ …

そのことは大切なものを失ってまで得たいことですか?

最近、怖いことに気づいてしまったんです。 考えすぎかもしれないのですが、「そんな覚悟あるかって言われたら、今のままでいいよ~」と思えてしまうようなこと。 ちなみに、この件に結びつくような短編小説を「n …

死は肉体がなくなっただけ、魂は在り続けるということ

2018年3月12日のtweetです。 亡くなった人を想うとき、泣いたり悲しんだりしないでって。 日本では死を“けがれ”ととらえることもあるけれど、肉体がなくなっただけ、特別視しないで欲しいって。魂は …



スポンサーリンク

管理人:mari(@Ruca_moon)
ライター、編集、企画、イラスト描き、タロットカード占い師、ムビラ演奏♪ 書いて描いて占って弾きます♪ 複数ブログ運営中☆
クラウドワークスID:wind888

もっと活動内容がわかるプロフィール

◎WEB占い
「ココナラ」出店中☆
お悩み相談&タロットカード占いいたします 心を軽くして、より良い方向へ向かえるお手伝いをします☆



スポンサーリンク